尾瀬の晩夏 その1

8月30日(土)31日(日)、一泊二日で晩夏の尾瀬へ行ってきました。
当初は南アルプス「甲斐駒ヶ岳」の予定でしたが、天気が思わしくなく急遽尾瀬散策に変更。
尾瀬も天気予報では思わしくなかったですが、なぜか尾瀬だけは雨の山歩きも気に入っている事もあり強行。
こうして日記書いていますが、やっぱり行って良かったです。
初日は雨に打たれる時間もありましたが、2日目は朝から青空が広がり最高の散歩日和となりました。

アヤメ平(初日は雨が降ったり止んだりの天気)

ウメバチソウ、8月中旬から9月中旬
その1ではおよそのコースタイムです
■初日
8:45 鳩待峠出発
11:25 アヤメ平通過
11:45 富士見小屋小休止
富士見峠から見晴へ出る山道を下山(初めての道、そして強雨に襲われる)
14:40 見晴到着(小雨がパラつき、ソフトクリームも売っていないので、そのまま通過)
15:30分頃(時間怪しい) 本日宿泊の東電小屋着

■2日目
7:00 朝5時半起床、6時から朝食摂って予定通り7時東電小屋出発
7:12 よっび橋通過
7:22 東電、竜宮、牛首への分岐点を竜宮へ向う(これからカメラスポットへ)
8:30 竜宮小屋着
牛首分岐、記録忘れ(汗)ここら辺りでコーヒータイム。贅沢な時間を過ごせました。
10:10 山ノ鼻着(ここでソフトクリームなど食し、最後の登りに備える)
10:55 山の鼻ビジターセンターで小瀨の教養を深め、鳩待ち峠へ出発
11:40 鳩待峠着(パンフレットでは1時間半の距離を45分で登り切ってしまう女性陣)
お土産屋さんを覗く暇もなく、10人乗りタクシーに案内され戸倉駐車場へ
12:00 戸倉駐車場着
駐車場近くの尾瀬ぶらり館で汗を流し、目的の蕎麦屋さんが休みでしばし走った蕎麦屋がこれまた当たりで、美味しい蕎麦と天ぷらに舌鼓みして帰宅。
八王子駅を迂回して、談合坂PAでお土産購入、近所のスーパーでビール買って、夜8時自宅到着。

コメント

このブログの人気の投稿

地元の有名人

ホスティングサーバー移管

白馬アルプスオートキャンプ場