8月初旬 北アルプス 燕岳登山 最終

8月初旬 北アルプス 燕岳登山 その2>からの続きです。

赤く染まった空が青空に変わっても、2人は一向に帰る様子がありません。
北は白馬方面、南は常念岳、東は安曇野市街地、西は槍ヶ岳、野口五郎岳。ガスがかかっておらず大パノラマ状態。
この貴重な体験を惜しむかのようにまったり過ごします。
なんていうか、恋人同士とか夫婦とか、ダチ仲間とか、この場所にいた者どうしで将来も思い出を共有出来るよう、心の奥深くに刻み込む、しまい込むために、ゆっくり時間をかけているようです。

そうこうしている内に燕山荘での最後の朝食時間が迫ってきました。宿泊人数にもよるのでしょうが、今朝は朝4時半から6時半までのあいだに計4回、自分の都合にあわせて食事をとる事ができました。僕等は最後の6時半に滑り込みます。
食事のメニューは夕食、朝食ともに他の山小屋とそれほど変わらないかな。自分が行った中では「尾瀬ヶ原の温泉小屋」が一番のお気に入り。

食事を済ませ、今度は表銀座縦走の時にまた来るぞと心に決め下山開始。
7時20分燕山荘出発し、10時30分、登山口に到着しました。
本来もっと早く下山出来たはずですが、登りも下りも同じ道はどこも一緒ですが、他の山と比べて日曜日だというのに登ってくる人も半端なく多い。下る為に足を動かしている時間より、登山者へ道を譲る為に待っている時間が長かったような気がします。さすがに9時過ぎると登ってくる人も減り、後半はそれまでの鬱憤を晴らすかのように早足となり、ほぼコースタイムと変わらない3時間弱で下山しました。

車に戻って重いザックをおろし、汗を流しに燕山荘で頂いた割引券をもって駐車場すぐ下の旅館 有明荘へいきます。正直期待していなかったのですが、なかなかの名湯ではないでしょうか。無色透明ですが、入ったとたんに肌がヌルッときて、疲れた身体が喜び爆発。内風呂、露天風呂どちらも熱くて、1時間の予定が30分で終了。このあと冷めたビールといきたいところですが、これから静岡まで運転なので、仕方なくノンアルコールビールをゴクゴクと。「オールフリー」アルコールなしというのに侮れない美味しさでした。

大変満足した山行でした。

登山口入口、標高差1,300メートルを4時間で登る

初日夕食後に向った燕岳頂上。ガスがかかって視界悪最悪

燕山荘の入口でパシリ、右手にはワインを

日の出の時間、燕岳の影が向こうの山肌に写る。一生懸命手を振りましたが分かりませんでした

僕の指先に止まっているのが槍ヶ岳です
壁に描いた絵の前で撮影したような違和感

高山植物の女王「コマクサ」燕山荘の回りで沢山見る事が出来ました

燕山荘下り口でなにやら人だかりが、3匹の子供をつれた雷鳥。写真はお母さん

コメント

このブログの人気の投稿

地元の有名人

ホスティングサーバー移管

白馬アルプスオートキャンプ場