またもフラれた

今年になって北アルプス燕岳へ登ろうと妻と休みを合わせて調整するも今回も見送る事になった。
夏アルプス解禁になって最初の予定が7月5日だったが雨予報で断念。
そして今週末7月19日から3連休を使って登る予定でしたが、現時点で雨予報90パーセント、登山指数3段階で最低の「C」で断念。
という事で空いた3連休を利用してソウルへ行こうと旅行会社に電話するも「今週末の3連休の旅行で3日前の今から空きがあるとお思いですか?」みたいな雰囲気で、適当にあしらわれる。
ちなみに国内は?同様の返答であった。

ちょっと自棄になり、昨年ソウルへ行くにあたって一番参加したかった釜山からソウルへ3泊4日旅行が一杯で諦めたプランがあったのですが、調べてみると今年も計画されており、まだ空きがある。
思わず予約したのは言うまでもない。アウ、お金貯めないと、、、、
反韓、反日、いろいろ言われていますが、我が家は国交正常化の一役を担いたいと思います。

それで、昨年ソウル旅行でお世話になった韓国ガイドさん「ソ」さんへ国際電話した。
案内中、日本の富士山へ友人と登りたいとしきりに言ってたからである。
今年8月一杯は仕事忙しいので難しい、でも頑張って調整してみるとの事である。
さて、どうなる事やら


写真は今年5月の広見公園で撮影したものです。
かなり時季外れですが、テキストだけでは寂しいので1枚だけ。

コメント

おたけ さんのコメント…
こんばんわ
先週職場の旅行でソウルへ行ってきました。
難しいい国同士の事情はともかく僕ら観光客には楽しみに来ているのですから、そういう話は関係なしの旅行でした。
ただ気になったのは、免税店に押し掛ける中国人の猛烈な購買意欲に圧倒されてしまい、思わず「ここから出よう」場違いな所へ来てしまった自分を反省しました。
ウオンがこの時点で95000ウオン-->1万円だったので魅力がなかったです。
カジノへ行けばここも中国人でいっぱい。
自由行動の日にはお寺や民俗村などには意外と中国の人が少なかったです。
ソウル市内で驚いたのはフェリー沈没で行方不明になった人々が早く帰って来るようにの祈りを込めた黄色いリボンが沢山飾られていました。
tsubaki shigeru さんの投稿…
おたけさん、おはようございます。
ソウルで骨付きカルビ食べましたか?
妻はともかく僕はもう一度食いたいためが、ソウルへ行く理由です。
一昔はソウルの繁華街の明洞で石を投げると韓国人か日本人に当たると昔言われていたようですが、今は中国人に当たるようですね。

僕などは韓国ドラマに刺激され、どちらかというと文化に興味あるのですが、中国人は買い物のようですね。

フェリーの事件は本当に可哀想でした。僕等が行った時もまだあるようであれば、献花したいと思います。

このブログの人気の投稿

地元の有名人

ホスティングサーバー移管

白馬アルプスオートキャンプ場