静岡ホビスク ジャパンカップ2014・シード代表決定戦、第2日目

に参加してきました。
コース全体です


芝はスピード減速の要因になるもののコースアウトを心配する事もなく、
コース設置精度も高く、レーサーの腕がそのまま成績に反映されるレイアウトです。
素晴らしいコースでした。参加者にとって一番の鬼門がストレート4本→DB→1枚着地後の左コーナー。


最近、頑張って軽量化し、駆動系も見直したせいか、ハイバーダッシュモーターを使う事がなくなってきています。
念の為マッハダッシュモーターもレーサーズBOXに入れていますが、もう必要ないかも。
今回はライトダッシュを鍛えて3個準備してきましたが、ライトだと早すぎて大会はずっとトルクで走らせました。
1次予選はどうにか2回目でクリア出来ましたが、また2次予選で鬼門のDBでCO。
最近の定番です。

5レーンの大会でトルクを使ったのは復帰して始めてかもしれません。
練習当初は遅い感じでしたが、走らせる毎にスピードが上がり、大会直前にはバッチリ仕上がります。それが大会が始まってもスピードが上がり、2次予選でコースアウトした時はちょっとトルクと思えないスピードでした。時間が経つにつれて気温もあがり、ちょうど日射しが当たる場所に構えていたせいか、レーサーズBOXの電池も暖かくなっていったせいだと思われます。

痛かったのが下の写真


何日もかけて工作した提灯が練習中に破損してしまいました。
復帰して始めて訪問する品川に向けて過度の軽量化しずぎ。かなりヘコんでいます。

コメント

このブログの人気の投稿

地元の有名人

ホスティングサーバー移管

白馬アルプスオートキャンプ場