静岡ホビスク ジャパンカップ2014・シード代表決定戦参加

数ヶ月ぶりに参加してきました。
午前中の練習走行、本戦と最初から最後まで迷走して帰ってきました。おかげで写真1枚も撮れず。
相変わらずライトダッシュとHD2の谷間の速度を出せず苦労しています。
どうにか一次予選は突破できたものの、速いマシンがコースアウトして棚からぼた餅勝利!2次予選以降に向け、なんら期待の出来るマシンスペックに仕上げる事が出来ませんでした。案の定2次予選はスピード負けするわ、遅い上にコースアウトしてしまい終了、なんの良いこともありません。
痛感した事は従来の課題であるスピードコントロールと、あと現地でのマシンセッティングの幅が狭いことです。
具体的にはリアブレーキの高さ調整が現在1.0mm~1.5mmまでしか余裕がありません。理想はスポンジブレーキを貼り付けても1.0mm~3.0mmまでの振り幅が欲しい。少々重くなってもこの改良は必要そうです。

そして肝心の重量のほうですが「今回100グラム代まで軽量化出来ました?」と、このブログを読んで下さってるレーサーから声かけられました。
残念ながら全然軽量化出来ていません。スライドバンパーの一部をタミヤのスラダンパーツを流用する事にしたので、逆に重くなって現在120グラムです。もうこれ以上は無理そうです。カーボンピン自作でピン打ちすればもう少しなりそうですが、ベアリングのメンテナンスからすると非常に管理が面倒になるし、コース内に脱落する事も考えられます。今大会もそういったシーンを何度か見かけましたので従来通りネジ締めで一応115グラム目標を妥当な線としました。
次回は2週間後、もう少し結果を残したいところです。

6月22日は初の品川参戦予定です。

コメント

このブログの人気の投稿

地元の有名人

ホスティングサーバー移管

白馬アルプスオートキャンプ場