投稿

4月, 2014の投稿を表示しています

八ヶ岳、残雪の権現岳

イメージ
千葉に十数年ネットでお付き合い下さっている友人がいます
お互いの子供の年齢も近いこともあって、家族同士の付き合いをしています。
その友人は会った当初はなんとも勢いがあり「そこのけそこのけお馬が通る」ごとく、秋葉原を濶歩して歩く、まるでヒグマのようでした。
それが数年前白馬でお会いした時は、ツキノワグマのようになっておりました。
そして今、ブログを拝見すると、病棟で近く手術を受けられるようです。
詳細は存じ上げませんが、医療大国日本、なんにも心配していません。
またキャンプか白馬あたりで美味しい蕎麦に舌鼓致しましょう。

本日は八ヶ岳連峰の一つ権現岳へ登山してきました。
僕は以前、山師匠達と一度経験していましたが、相方がまだでもあり夫婦で一応八ヶ岳連峰すべてを登っておきたく天気と相談して決行です。
朝4時起床、5時に出発し、朝食、トイレ休憩して登山口の一つ、天女山駐車場から7時半入山。
天女山駐車場(1,535m)ー権現岳(2,715m)=標高差1,180mの山行です
空には雲一つなく、これから向かう最初のピーク「前三ツ頭峠」そして次の「三ツ頭峠」もはっきり見えます。
最初は登山道もゆるやかで、Tシャツ、山シャツ2枚でちょうど良く、朝の柔らかい日射しを浴びながら、のんびりと歩きます。
歩き出して15分もすると岩陰に残雪がチラホラと見えます。アイゼン持参して良かったね、頂上付近はアイゼン必要かもと言っていたのですが、結局山行の5分の3はアイゼン装着でした。
無事頂上まで往復出来たのですが、もう大変でした。
標準タイム登り4時間、下り3時間のところ、登り5時間半、下り3時間半と2時間もオーバー。
最近、やっと夫婦でパンフレットに書かれている所要時間とほぼ同じか、それよりもほんの少し早いペースで歩く事が出来るようになっていましたが、今回は2時間ものタイムオーバー。
■シャーベット状の残雪。
■踏み抜き。
■雪面が溶けて氷となった登山道
この3つのキーワードを読めば、経験者はおよそ想像が付くことでしょう。
それと合わせ、相方が前三ツ頭あたりから高山病らしき症状が現れ、頂上手前から相方のザックも背負い、下りは相方のザック中身全部を自分が背負いながら雪道を降りたものだから車に戻る頃は足フラフラです。
普段、登山後は温泉を楽しむのですが、その体力もなく、まっすぐ帰宅。
おかげで下山…

我が家の河津桜

イメージ
季節外れになりかけていますが、我が家の庭に植樹した河津桜の写真を掲載します。
今年3月6日に撮影した写真です。
数分歩くと毎年桜祭りが行われる比較的大きな公園があります。そこの桜が満開になった写真を納めて一緒に掲載する予定でしたが、結局一度も公園に行くことがありませんでした。5分。5分も歩けば沢山の桜を見る事が出来たというのに、なにがそんなに忙しかったのだろうと自分の事ながら不思議でなりません。

ここ2年、予定が合わず行く事ができていませんが、時期に合わせて満開に咲き誇る伊豆河津町の河津桜祭りに出かけています。
8年前あたりだったと思いますが、花を4つほど咲かせた河津桜の枝を現地で購入しました。
職人さんとはすごいもので、購入する時は花をつけていますが、植樹してから4年間は花をつけないよと説明を受けました。
現に今花を付けているのに、これから4年花が咲かないとはにわかに信じがたかったですが、言われるように4年間1輪も花が咲かすことがありませんでした。
5年目にしてやっと2つ咲いたかな。
咲き始めて4年目の今年、やっと写真のように沢山の花を咲かせてくれました。


多分、肥料などをあげれば、もっと太い幹になるのでしょうが、植樹するときからこれまで一度もあげた事がありません。
幹の先端はこれ以上高く育つと手入れが出来なくなるので、可哀想ですが切ってしまいました。
本当はよく分かっていないのですが、桜の根は思ったよりも広く根を張るので、家の近くに植えると、根が家の基礎部分を壊してしまうとか、なんとか聞いた事があるので、これ以上大きくならないように枝を大きく張り出すと、ちょくちょく切って、センスがない事もあり、悲惨な枝振りになっています。
特に上部部分に桜が咲いていない事に胸を痛めています。
こうして花を付けていると、植樹して良かったと思うのですが、桜が散り、葉桜となって秋に葉を落とす頃までは庭もそんなに広くない事もあってジャマで仕方ありません。
この木を愛おしく思う期間は2週間程度でしょうか。
だけど僕の心の中では、我が家の一員です。

じつはこの木のすぐ横に次男がなんかの記念にもらった、桃の木だったか忘れましたが大きな木が植わっていました。しかし、手入れしろと言ってもなにもせず、庭を横切るつど無造作に大きくなった枝がじゃまになり、業を煮やした僕が根っこから切り倒した後が今も…

沼津アルプス縦走

イメージ
今年の2月23日、皇太子さまが歩かれた沼津アルプスを我が家も縦走してきました。

山仲間と本当は今日の日曜日決行予定でしたが、我が夫婦のコミュニケーション不足により我が家だけ土曜日12日に縦走し、今こうして書いている時間(13日11時ごろ)師匠一行は徳倉山あたりを歩いている頃でしょう。
天気に恵まれ、あいにく富士山を拝める事は出来ませんでしたが、早春の清々しい涼感と時折吹いてくる風に心身共に癒やされた山行でした。

いつもは車で登山口まで乗り付け、下りも同じ場所に戻りますが、今日は縦走という事で富士駅から沼津駅まで電車、そこからバスで起終点のひとつ多比まで向かいます。
多比登山口は海岸線ですので、言わば海抜0メートル。最初の大平山は356メートル。海から山頂まで標高差356メートルを一気に登ります。
今回は南から北へ縦走です。

【およそのタイムスケジュール】
沼津駅7番線 伊豆箱根駅行きバス乗車
 9:00 起終点 多比口から入山
 9:18 車道が終わり林道に変わる
 9:47 大平山(おおべらやま)着
「おおべらやまへよくきたぢやぁ-、きをつけて きやりにやんよー」の看板が
「沼アのハイライト、ときめきの・・・・岩尾根あり」との看板も
どんな岩尾根があるのかなぁ・・・・と、トキメキながら歩いていると、トキメク前に鷲頭山に到着。
10:37 鷲頭山着
10:56 小鷲頭山着
志下峠あたりから沼津御用邸記念公園を望む
11:34 志下山着
12:16 徳倉山着
12:51 昼食休憩後、徳倉山出発
13:25 横山着
13:43 八重坂峠着
ここで一般車道を海側へ120メートル歩き八重坂バス停近くから再び香貫山入山
14:17 香貫山着(ここで降り口分からず、正式ルートを見失う)
14:57 五重塔(香陵台無料休憩所)通過
15:07 黒瀬口到着

縦走した感想は、低山が続くわりにアップダウンが激しいので、それなりの覚悟を。
沼津アルプスは南北に連なっており、現地の方の話ですと、北上するより南下するほうが大変との事です。
縦走時間は5時間半から6時間。ただ、エスケープルートがあるので縦走に拘らなければ昼過ぎから入山もOK。
沼津アルプスに香貫山も入っていますが、香貫山を外して多比~八重坂峠としたほうがスッキリする感じ。
香貫山は整備がすすんで公園といった様相で、他の山とは…

静岡ホビスク ミニ四駆スプリングトライアル 2戦目に参加してきました

イメージ
「日進月歩」と言いますが、ミニ四駆においても新たな潮流が起こり始めています。
軽量化という名の下、カーボンがGFRPに置き換わり一段落したかと思いきや、今度はビスまでもカーボンに置き換わろうとしています。

ビスの長さは数種類ありますが、太さは基本2mm。この金属のビスをカーボンシャフトに置き換える強者が出始めているそうです。カーボンシャフトと聞いてゴルフのドライバーを連想した貴方、そうでなくミニ四駆に使う2mmビスの事です。
タミヤのミニ四駆レギュレーションに沿った大会ではタミヤから発売されているミニ四駆パーツ以外は使用禁止です。
カーボンシャフトはタミヤから発売されていません。ではどうするかと言うと、平たいカーボンステイ(板)からカーボンシャフトを作り出します。


写真左2mmビスを真ん中のカーボンシャフトに置き換えます。
真ん中のカーボンシャフトは10数年前、フリースタイルで使っていたKAWADAの2mmカーボンシャフト。長さ100mm×2本入、400円で発売されていましたが、今はカタログ落ちしているようです。
達人達は右写真のタミヤがミニ四駆用に発売しているカーボンステー(板)を加工して作ります。
とてもじゃないですが、手作業で加工できるレベルを通り越しています。
さて、今の流れに何処まで付いていくのか、いけるのか?

そろそろ軽量化への作業は限界を感じ始めています。
ミニ四駆は試合会場について、コースレイアウトを見て、それからマシンをコースに合わせて変更していくのも面白さの一つです。
ビスとナットはその為にも必ず必要なパーツです。ですが、どんなコースレイアウトにしても変更しない箇所もあります。
今はそこもビスを使って固定していますが、そこをカーボンと接着剤に置き換え、120グラム切りを目指します。
考えれば考えるほど溜め息しか出てきません。
来月も今のマシンでそのままでOKという事がありません。
大会に参加する都度、課題が出来て、やることが増えていきます。
毎月僕のマシンは進化しています。しかし、回りは更に数倍の早さで進化しています。


本日のコースです






全体にいけいけコースですが、唯一の難所がストレート3枚、右90度、ストレート2枚と続き、スピードが乗ったところでDBの、ストレート1枚着地の右90度コーナー。ここが唯一の鬼門でした。
HDモーターでは超速からチ…