投稿

3月, 2014の投稿を表示しています

静岡ホビスク ミニ四駆スプリングトライアル2014参加

イメージ
3月22日、4月6日両日行われるホビスクのスプリングトライアル初日参加してきました。
コースは以下の通り






レイアウトはイケイケなのですが、芝生とその下に隠されたアイテム「ダブルターフ」が今回も施設されています。
今年はダブルターフをなんとか攻略しないと、いい成績を残せそうにありません。
あとフェンスの凹凸もあり、ゴールするまで何が起きるか分からない、かなりトリッキーなコースに仕上がっています。
このあいだFULUで見た中国映画に感化され、本日レースに臨むにあたり心構えは「忍」。
飛ばしたら気持ち良い、楽しいを我慢し、完走を目差します。
HDとチョイ速ギヤで走らせると、案の定ダブルターフではじかれます。ブレーキを前後ガッツリも考えましたが、トップスピードを抑え、ブレーキをフロントにチョイ付け、リヤブレーキなしの安定走行を狙います。
予選は早いマシンも残ることもありますが、多分決勝ではライトダッシュでの勝負になるであろうと読みました。
狙い通り準決勝まで進む事が出来ましたが、今大会優勝したレーサーと準決勝であたり、敢え無く敗退です。
それがスピード負けなら諦められるのですが、フェンスの段差でコースアウトするという情けない結果に意気消沈。
優勝者は素晴らしいスピードでした。
コースアウトしないようスピードを落としてもコースアウトするのですから、次回は果敢に攻めて行こうと思います。


今大会はかなりショッキングな事実を目の当たりにします。
情報としては聞いていたのですが、すぐ走れる状態で電池抜きの重量が100グラムを切っているマシンが公式大会では軒並み増えているらしいです。
軽量化!
パワーウェイトレシオを考えれば当然マシンは軽いに越したことはありません。
同じ人間がリヤカーに米俵6俵と、5俵を乗せて走れば、1俵少ない5俵で走ったほうが早いに決まっています。
これはミニ四駆でも同じ事が言えます。
しかし、軽量化といっても常識的に限界があります。モーターを削るわけにはいきませんし、バランスをとる重石を削ったら意味がありません。なんかトリックというか、実走行する時には後付けしなければならパーツがあるのでは?とか思っていたのですが、計量器に載っかっているフレンドのマシンは、走行するに必要な全てのパーツを搭載しています。
もう疑いようのない、事実です。
100グラム切り・・・・僕の…

今年もなんとか西穂山荘のラーメンを食べる事が出来ました その2

イメージ
直メールも頂いたので、その返事も含めて追加日記です

今回は嫁さんと2人山行でした。
天気予報と睨めっこして3日前に山行決定!
条件が揃えば、3月29日は白馬・八方池へ登って、帰りに美味しい蕎麦をと思っているのだけど、きっと色々予定が入ってきそうな予感。
一つ前の日記で相方が凍傷かも?と心配していた足指先は帰りの温泉で回復したようです。ご心配おかけしました。
相方が用心して寒さ対策に厚手の靴下を2枚重ねして登ったそうです。どうもそれが逆効果だった感じです。
靴下1枚履いてサイズを決めた登山靴に無理やり靴下2枚履いて歩いたそうで、血行不良か靴の中でカカトが前へ押されて指先に負担がかかったか?いくつかの理由が考えられそうです。
西穂山荘で靴下を1枚に履き替えてから、いくぶん調子が戻ってきたそうです。
来年は冬の八ヶ岳も考えているので、今年の大きな買い物は冬の登山靴と12本爪アイゼンかな?と思っています。
シーズンオフの割引セールにアンテナ張ったところです(苦笑)

ラーメンはあの寒さの中では最高です。
予算はガソリン代、高速代、ロープウェイ代、食費、温泉代などすべて含めて1人9,500円で済みました。

天気予報では15日土曜日は登山指数、朝から夕方まで丸印。
16日は朝からバツ印だったので、その日の内に下山したのですが、夕方にかけて雲が消え始めた景観にチョット後髪引かれる思いでした。

最後に写真を数枚貼ります













下山後、すぐ近くの深山荘(しんざんそう)で汗を流し、急にそばを食べたくなって十数年前に仲間と寄った蕎麦屋そばの里奈川へハンドルをきる。梓湖からそう遠くないと思っていたが、なかなか辿り着けない。結局迷って着いたのが5時過ぎ。既に閉まっていた。今だったら2人前は軽く食べるのにと、かなり悔しかった。
次回は必ず、とナビに登録するのでした。

今年もなんとか西穂山荘のラーメンを食べる事が出来ました

イメージ
味は醤油とみその2種類があり、やはり寒い時は味噌でしょう!という事で味噌ラーメンを2杯注文する。

丸山へ往復し、もう一度寄っておしるこを食べる予定でしたが、相方が「凍傷」かも?と、今までに経験した事のない違和感が足の指先から消えないという事で、時間稼ぎにラーメンに続いておしるこを食べる。
どちらも大変美味しゅうございました。

土曜日は朝3時半に起床し、自宅富士市を4時14分にガソリンを満タンにして出発。
甲府南インターを時間通り5時15分に通過し、新穂高ロープウェイ乗り場に7時30分到着。
今日は8時45分に切符売り場があき、10分前倒しで8時50分からロープウェイが動き出します。
第一ロープウェイ、第2ロープウェイを乗り継ぎ、最終の西穂高口駅に到着したのが9時20分。
外の気温はマイナス13度でした(苦笑)

昨夜降った新雪はサラサラしており、多分これをパウダースノーと呼ぶのでしょうか。
アイゼンは用意していましたが、結局装着する事なく西穂山荘まで歩きます。
昨年は随分苦労した覚えがあります。今年も大変さは変わらないのですが、昨年のイメージが残っており、まだまだこれからが大変と思った矢先に山小屋に到着します。
ロープウェイから山小屋まで無風状態。快適な登山でしたが、西穂山荘から丸山へ向かうべく尾根へ出ると環境が激変します。
風速なんメートルあるのか調べようがありませんが、とにかく強風が尾根をなでるように吹き抜けていきます。
その中を身をかがめてひたすら歩きます。
もう大変というか、逆に大変すぎて、これが面白すぎ。
こんな世界もあるのか?と、まだ身の危険を感じるほどの場所でもないので、この環境を楽しむ自分がいるのでした。
もっと完全防備していれば更に楽しめたと思うと、来年はあれとこれも準備しようと画策するのでした。
コンデジ付属の簡易ビデオで撮影。
分厚い手袋で操作が大変だったのと、極寒なせいか液晶が暗く見えずらかったので、内容は気にしないで下さい。



今年に入ってから我が家の休みと天気を睨めっこして、もう今年は駄目かと諦めかけた3月15日の好天予報。
思い切って出かけて正解でした。