静岡ホビスク、ミニ四駆ウィンタートライアル2013参加

12月29日、静岡ホビースクエア「ミニ四駆ウィンタートライアル2013」ミニ四駆大会に参加してきました。
コース全景です


パッと見、いけいけコースレイアウトです。
DBは手前の連続コーナーで減速されますので、ハイパーダッシュ、ブレーキ次第ではマッハ搭載の可能性もあります。
が、よく見ると、とんでもないトラップが用意されていました。
今年、公式で猛威をふるったWB(ウォッシュボード)が設置されています。
それもスタートしてストレート2枚後からストレート1本毎にWBが3連続!!



高さは公式と同様11mm程度なのですが、長さが短いので角度がかなりきつくなっています。
公式WBだと、ここでマシンがジャンプしても角度が10度程度。
ホビスクのWBだと同じセッティングだと20度の角度でジャンプします。
またストレート1本毎にあるので、HDのスピードだとちょうど1個目のWBでジャンプして、着地するのが2個目のWB上部に落ちてコースアウトするマシンが続出です。セッティングは元よりスピード調整が超難しいです。
攻略方法としては
(1) ブレーキを強めにするか、スピードを落としてWB一つ毎、丁寧にクリアしていく。
(2) あともう一つが1枚目のWBのジャンプで2枚目のWBを飛び越して、事実上2個目のWBを無いことにする事でしょうか。

当初2つめの策でセッティングに取りかかったのですが、どうしてもスタート直後のWBにはスピードが乗っていない状態で進入するので、2枚目のWBを飛び越せない。スタートからそれなりのスピードを出そうとすると、2週目はとんでもないスピードになっているので、2枚目どころか3枚目のWBに届きそうな飛距離になってしまう。

ホビスクは10時から練習開始して12時までがフリー走行です。
たくさん走られそうに思うのですが、走行毎にセッティング変更し、80人も参加されていますので並んでいる時間もバカになりません。
2時間のフリー走行で5回走らせる事が出来れば良いほうでしょう。
5回でセッティングを出すのは厳しい。本戦が始まり1回戦の勝ち抜けは3回トライ出来ますので、合わせて計8回。8回の走行で決勝に残れるセッティングを出さなければなりません。
今回は結局、1度も完走させる事が出来ず1回戦敗退となってしまいました。

恐ろしやウォッシュボード、今年一過性のトラップと思っていたので、あまり積極的に攻略方法を考えていなかったのですが、もし来年も登場するとなると真剣に考えなければなりません。

普段はアフターレース5時まで楽しんで、コース撤収までお手伝いして帰るんですが、今日は夕方から「御殿場時の栖」で身内の忘年会があり敗退決定後早々に会場を後にしました。

時の栖では麦畑というバイキングレストランで1時間20分の食べ放題!地ビール飲み放題です。昨年は時間延長したのですが、飛び込みお客様は待ち時間3時間となっており、さすがに今夜は無理でした。
食事中、生バンドが演奏してくれ、プレスリーのLove Me Tenderを聞けたのは最高に良かったです。



今年のミニ四駆ネタはこれで終わり。

最後に個人的な事ですが「君は入賞した事があったか?」と僕が言った事があるのですが、知らないところでその言葉だけが一人歩きしているようです。
あの言葉は僕は2位入賞した大会にケチを付けられた事。
それと、フリースタイルでスピードを落とす方法に電池を落とすなんて、とても考えられない事。
それをあたかも分かっているかのような口ぶりで話す方がいらしゃったので、その者にだけのキツイ言葉です。
今年お手伝いさせて頂きました試合運営も信頼出来るメンバーに引き継ぐ事が出来ましたし、今年後半同様、月一程度しか試合には参加出来ませんが、来年は純粋にミニ四駆を楽しみたいと思います。
今年、お付き合い下さいました皆さま、ありがとうございました。

コメント

このブログの人気の投稿

地元の有名人

ホスティングサーバー移管

白馬アルプスオートキャンプ場