ミニ四駆サマーチャレンジin静岡ホビースクエア 第3戦目参戦

最近、ミニ四駆ネタばかり続いています
雨ばっかり降って山へもいけず、本日は仕事待機日という事で遠くへもいけず、3周連続でミニ四駆大会参加です。
朝6時過ぎに起き、7時20分自宅出発します。
早めに出発するのは朝食を静岡市内で食べるためです。
基本、静岡ホビースクエアでは飲食禁止なのですが、大会中だけは飲み物だけは許可されています
試合が始まると午後15時半までは食事がとれないので、会場近くで早めの昼食を済ませます。
本日、大変道が空いており参加者としては2番目到着です。
コース全景です

コース全景

コース右側にツールBOXと椅子がみえますが、ここに陣取ります

問題のドラゴンバック×ストレート2枚×左コーナー

レーンチェンジ後のドラゴンバック、ここではあまり苦労しなかった

先週に引き続き高速レイアウトです。
調子が上がって来ているので今日も好結果が期待できそうです。
唯一気がかりなのがドラゴンバック×ストレート2枚に続く左コーナーです
ここを如何にマシンのバウンドをコントロールするかですね。
用意してきたマシンは2台。
基本性能は一緒でタイヤ径が24.1mmと27mmになります。
27mmがタイヤ径が太いですから当然早いですが、先のドラゴンバック後の左コーナーをクリア出来ません。
24.1mmでも今日の参加者のスピードを見る限り付いて行けそうなので、このマシンをセットアップします。

今回は先週も書きましたが、提灯の精度を上げて来ました。
上げてきたのですが、少しの上下震動でも提灯が上下に動きすぎて、問題のドラゴンバック着地後、ちょうど提灯が一番高い位置にある状態で左コーナーに侵入してしまいます。
重りを付けたり、スプリング圧を変えて提灯の動きを変えてみたりしたのですが、どうも具合がよくありません。
試しに使うつもりのなかった3レーン用マシンのボディと提灯を付けると、これが嘘のように安定します。
もう少し上のスピード領域での安定を試したかったのですが、ここでタイムアップとなります。

本戦開始です
それが、先週タスキゲットで喜んでいた自分でしたが、なんと決勝まで勝ち進んでしまいました。

ボディに提灯を付けています

先週の日記に
『4セット用意していますので、決勝までいかない限り電池には余裕があります。』
と、書いているようにまさか決勝まで勝ち進むと思っていなかったので、
肝心の決勝用の電池がありません。
選択枝は二つ
(1) 準決勝で使った電池をそのまま使うか
(2) もしかしてと、決勝の1時間前に1次予選で使った電池を再充電しておいた電池
このどちらかを使うしかありません。
出した結論は2番目です。

決勝までの電池は、どのくらいのスピードでマシンが走るか想定出来ました
昨日充電してそのままでしたから、ほぼ同じコンディションでした。
しかし(2)で選んだ電池は、本日満充電しているのですから今日の中で一番早く走るのは分かっていますが、どの程度スピードが上がるのか想像つきません。
いつものように『スピード負けするならコースアウト選択』を選んだわけですが

結果、コースアウトして決勝進出4人中、4位という成績でした。


優勝されたのは、先週なにかとアドバイスを頂いたPASMO先輩でした。
PASMO先輩はなんと本日ジュニアクラス合わせて2冠達成です。
おめでとうございます。

来週こそは天気がよければ山へ行きたいと思いますが、悪天ならばまた参加出来そうなので、
次回の課題は先週同様
提灯の精度を上げる事です
あ!このような好成績は2度と無いかもしれませんが、決勝用の電池も準備しておこうと思います。

コメント

このブログの人気の投稿

地元の有名人

ホスティングサーバー移管

白馬アルプスオートキャンプ場