ミニ四駆サマーチャレンジin静岡ホビースクエア 第2戦目参戦

今回の3連休は南アルプス甲斐駒ヶ岳登山の予定でしたが、残念ながら天気が優れず中止となります。
空いた3連休の初日は先週に続いてミニ四駆サマーチャレンジに参加しました。
2日目は常設コースを設置している「おもちゃのキムラ」さんの月例大会に参加するつもりで朝のコーヒーを飲んでいると、家内が辛い顔をしてリビングに入ってきます。「仕事が最近忙しく、精神的にも肉体的にも重い」との一言でミニ四駆大会から急遽温泉入浴に変更です。
2人だけでは寂しく娘を誘うと「今日は友達と港祭りへ行く約束がある」というので、半ば強引に友達も誘って山梨のフルーツ公園近くの「ほったらかし温泉」へ4人で向かいます。ちょうど旬の桃を購入したかった事もあります。
3日目は家内と娘は東京へ、僕はというと来週のサマーチャレンジに向けてミニ四駆改造と、雨天で貯まっていた洗濯物をして3連休が終わりました。
ずっと楽しみにしていた山へ行けなかったのは残念でしたが、家内への孝行も出来たし充実した3連休でした。
家内も温泉でリフレッシュ出来たようで、3日目の東京めぐりも随分楽しかったようです。
2日目のキムラさんの大会で、最近知り合った友人が仕事と資格と将来設計で悩んでいる文面を拝見し、少しお話しをお聞きしたかったのですが、それが出来なかったのが唯一残念です。

さてサマーチャレンジ2戦目の参戦報告です

コース全体

2連ドラゴンバック

レーンチェンジとゆるやかなTT

3コースの2つめのドラゴンバック手前にわずかな継ぎ目段差、写真では分かりません

先週とはうってかわってハイスピードコースとなります
先週はハイパーダッシュでも苦労していましたが、今回は一番早いマッハダッシュモーターでもパワーが足りない感じです
しかし、そう世間は甘くなく、5レーンダッシュの特長というか、トラップというか、コースの継ぎ目の段差で今回も泣かされる事となります。3コースの連続ドラゴンバックが続く辺りに一箇所だけ段差があり、その段差に蹴られてジャンプしている空中姿勢が僅かに左を向いてしまいます。当然ながらスピードが増すと左を向く姿勢がひどくなりコースアウトの危険度が増します

それでも今回のコースは僕にとって幸運でした
先週はなにをしてもコースアウト呪縛から逃れる事が出来ず、かなり深く深く意気消沈していました。
この一週間、日本海溝の一番深い処に居たような気がします
それが今回のコースは嘘のように用意してきた3台のマシンが3台とも軽快に走るではありませんか。
まあ、それは当然で先週の難しいコースレイアウト攻略を念頭にどれもセッティングしていますので、高速レイアウトに大きく変わったこのコースでは余裕のよっちゃんです

本日は僕が構えたピットスペースの横にpasmo先輩が来てくれ、いろいろアドバイスを頂きました。
5年以上前に作った老眼鏡が合わなくなり始め、コースを走っている自分のマシンを時々見失う時があります。
コースアウトした時も、どの時点で、どんな姿勢だったか分からない事も多々。
そんな時もアドバイス頂き、セッティングは早めに仕上がります。

ハイパーダッシュで追い充電しなければ、ほぼ完走間違いなしの安定走行です。
このスピードであれば、他レーサーのスピードをみても上位に食い込めそうなので、これ以上欲張らない事にします。

案の定、予選1回目で後続を大きく引き離して、人生初めてのタスキをゲット致しました。
おかげで2次予選まで長い時間が出来、大変退屈しました。なんて、生意気な事を書いてみます。
もうこんな快挙はないかもしれませんので


2次予選もセッティングはそのまま、電池だけ新しいものに変えます。
追い充電はしません。
一次予選も2次予選も、昨日充電して一夜置いたタミヤニッケル水素電池
4セット用意していますので、決勝までいかない限り電池には余裕があります。
2次予選が始まります。スピードは他のマシンより早く、1週目から後続を数メートル引き離します。
そして、唯一気がかりだった3コースの継ぎ目でマシンが横を向きすぎ、着地時にコースに納まりきらずコースアウト!
2戦目のサマーチャレンジも2次予選で終わってしまいました。
残念ではありましたが、気分は晴れ晴れ
日本海溝の海底から海面まであがり、どうにか太陽を自分の目で拝んだ気がしています。

来週は仕事で「基本、自宅待機」ですが、呼ばれたら自腹で高速道路を使って戻る予定で次回も参加させて貰う予定でいます。
次回への課題は提灯の精度を上げる事です。

コメント

このブログの人気の投稿

地元の有名人

ホスティングサーバー移管

白馬アルプスオートキャンプ場