投稿

6月, 2012の投稿を表示しています

長野県 入笠山

イメージ
ちょうど一週間前になりますが、6月2日山梨県と長野県の県境にある入笠山へ家内と登って来ました。

花の百名山、天空の花園、ミニ尾瀬と心くすぐる言葉で呼称される1995mの山です。花の名前は殆ど知りませんが、最近花に興味が湧きはじめた事もあり6月を待って行ってきました。
朝、娘の文化祭のため学校へ送り届る都合もあり自宅を7時出発、甲府南で中央高速にのり、双葉サービスエリアで昼食を入手し、小淵沢ICから国道20号線で北上し、沢入登山口に9時50分到着です。

車道は入笠山頂上手前の御所平峠登山口まで延びていますが、本日からマイカー規制が始まり進入することが出来ません。車で20分かからない距離を山道を使って1時間半の予定で登ります。
10時5分に出発し、すずらんの群生地「入笠湿原」に10時55分到着しました。
一番楽しみにしていた入笠湿原に入るも・・・・花が咲いていない!
どうやら訪れるには早すぎたようです。













入笠湿原から一旦沢入登山口駐車場に戻ります。
マイカー規制は午後3時までなので、ちょうど下山した時間が午後3時。
車に乗り換えて再び表登山道入口へ登ります


ガイドでは周遊およそ30分ほどかかるようですが、この時期あまり花も咲いておらず、何枚か写真撮影のため足を止めた程度なので、それほどかかりませんでした。
看板にも書いているように湿原といっても老年時代に入っているそうで、尾瀬のような湿原を期待してわざわざ遠方から訪問すると、かなり期待を裏切られるかも


<

広見公園 花爛漫

イメージ
早めに仕事も終わり、
ミニ四駆は一段落というか、開き直りと、割り切りで次の大会まで小休止

気になっていた広見公園の花々を撮影しに散策しました。
コンデジはいつも肌身離さず持ち歩くようしていますが、
久しぶりに一眼を持ち出したような・・・・気がします

もう夕暮れはすぐそこですが、逆に陰がきつくならず少々アンダー目になりますが、好んで撮影する時間帯です。ただ、花壇のそばでじっと身構えていると、ヤブ蚊がうるさく、暑いといっても長袖が必要なようです。