静岡ホビースクエア

昨日は娘の中学卒業式でした。
ここ最近、雨といっても小降り程度でしたが、ここぞと言わんばかりに大雨が降り注ぐ卒業式となりました。
我が家は子供3人いますが、父兄として中学卒業式に立ち会うのはこれが最後です。
校長先生とPTA会長の話には外の天気同様、僕の頬も濡れてしまいました。
昨年、娘が中学2年生の時に西湖で林間学校があり、父兄として火のおこし方から始まり、料理の完成までを我が夫婦ともう一夫婦で服を灰だらけにしながら各班をかけずり回った事なども思い出され感慨深いものがありました。

夕方からは中学の音楽の先生が出演するコンサートが静岡音楽館AOIで行われるため夕方には静岡市に向かいます。
静岡?
静岡市といえば、静岡ホビースクエアに常設ミニ四コースがある事をこのあいだ聞いたばかりです。
せっかく行くのですからこの機会を利用して行ってみる事にしました。
コンサート開始まで6時間ありますが、移動時間を入れると5時間。
食事時間を差し引いても今から出発すると4時間はホビースクエアに滞在出来る事になります。
早即、他の二人をせき立て雨の中を西へ走ります。

ホテルセンチュリー静岡の地下駐車場に車を停め、サウスポット静岡3Fに登ります。
HPから一部引用させて頂くと
『静岡が誇る模型の魅力と優れた地場産業をより多くの人に伝えたい。より多くの人に静岡のホビーを楽しんでほしい。そんな願いを込めて、2011年、新たなホビーの情報発信基地「静岡ホビースクエア」が誕生しました。』
という事で、タミヤに限らず静岡の模型メーカーの商品が沢山展示されています。その奥にタミヤのブースが構えていました。
その更に奥にミニ四駆3レーンコースが常設されていました。

土曜日という事でそれなりに人が沢山おられたので写真撮影は遠慮し、なんとなく雰囲気の伝わるようコースの一部をビデオ掲載します。



昔はレーンチェンジに泣かされましたが、今はこのスロープで泣かされています。
昔もスロープはありましたが、商品として数が少なくスロープのあるコースを探すのが大変でしたが、今はスロープのないコースを探すのが大変です。
ですから、このスロープを攻略出来ない限りレースに出ても上位に残る事はまず無理でして、頭の痛い課題です。

始めてという事で大きな工具ボックスは持ち込まず、ポーチの中に大径タイヤにアトミックモーターを搭載したマシン一台とエネループ2セットのみの参加です。
まあ、皆さん早い早い。
マッハダッシュで走らせながらスロープをポンポンとクリアしていきます。
ただ、マッハダッシュ本来のパワーを生かしきった走りではありません。
スロープ対策のためマシンに色んな重石を背負っているので、マシン自体が昔のマシンに比べかなり重いです。
直線コースが短いため、スピードが乗る前に連続コーナーに侵入しますので、どちらかというとトルクのあるモーター向けコースレイアウトになると思います。

僕もアトミックで走らせましたが、クラスの違うモーターでありながら、それほどタイム差の開きがありません。
やはり一にも二にもスロープを如何に重量を重くせずクリアできるかが大きなポイントですね。
最近「提灯」と言われるスロープ攻略に大きな効果のあるセッティング方法がありますが、僕はボディーの一部が見えなくなるセッティングがもう一つ好きになれない。
なにか別の妙案がないか考えているんですけど、難しいです。
それほど提灯の効果は絶大だと思えます。
好き嫌いはやめて一台、提灯マシンを作成してみる事を考えています。

コメント

このブログの人気の投稿

地元の有名人

ホスティングサーバー移管

白馬アルプスオートキャンプ場