ディスプレイ更新

PC本体を更新してからずっと悩んでいたディスプレイをやっと購入した。
EIZO FlexScan L997-R
http://www.eizo.co.jp/products/lcd/l997/
です。



今度購入する時はこれからのスタンダード、ワイドタイプと決めていたのですが、なんと今更のスクエアタイプを購入してしまった。
市内の中古ショップ「ハードオフ」には、時々掘り出し物が販売されるのでチェックしているのですが、このL997が中古ながら消費税込み29,400円で売り出されていました。
発売開始は2006年とかなり経過しますが、未だに現行商品として新品最安値13万円台で売られています。
EIZOはディスプレイメーカーとして高品質として広くユーザーに支持されています。
しかし、日本メーカーでありながら液晶パネルは韓国のLG電子製が使われているそうです。
僕が今回購入したL997と、あと数機種だけが日本メーカー製を使っているだけとなるそうです。
L997は日立製IPSパネルで
・目が疲れにくい
・写真の発色が忠実で綺麗
もう6年前のディスプレイですが、愛用者は写真家、医者が患者さんのレントゲン写真を見るために使ったりとか評価が落ちる事がありません。

でも評価が高いといいましても、3万チョイ出せば新品でEIZOの23インチワイドディスプレイも購入出来る時代です。
敢えてスクエアの中古を買わなくてもと悩むところであったのですが、現物を見るのは初めてでもあり、一度画像を表示した実力を見てみたいと店員さんにPCを持ち込みますので表示確認させて貰えないかお願いしたところ、一言返事で快諾を頂きました。

当然、即効で自宅に帰って再訪問したのは言うまでもありません。
表示して、もうたまげました。参りました。
今まで撮り貯めた写真がまったく別物のように緻密に表示されています。
ブラウン管の時代はどうだったか忘れましたが、液晶でここまで美しく表示されたディスプレイを初めて見ます。
使用時間が6000時間とかなり長く使われていますが、EIZO純正で一万円以上する遮光フードも付いています。

かなり悩みましたが、最後は店員さんの根負けで消費税抜きの金額で販売してくれるという事で本日持ち帰って来ました。
こうして秀丸で文章を書いているんですが、文字が見やすく、写真は緻密で本当に美しいです。

コメント

このブログの人気の投稿

地元の有名人

ホスティングサーバー移管

白馬アルプスオートキャンプ場