今年の初登山 越前岳

今年初めての山行はやっぱり越前岳でありました。
何と言っても今回のトピックスは山一面、雪化粧した山です。
今まで雪山といえば人生の中で昨年歩いた高峰温泉と尾瀬の2回だけ。
今年はいきなり雪山です。まあ、これはこの目的の為に昨年秋から何度も越前岳へ登ったという事はここで何回か書いたとうり。

朝7時に起きて家の2階踊り場の窓から富士山を望むと頂上が見えています。
準備をし、自宅を出発したのが9時過ぎ、十里木駐車場に車を停め登山口を出発したのがちょうど10時過ぎでした。

途中雪が深くなった頃から6本爪アイゼンを履き、結構軽快な足取りで登って行きます。
登山で10時過ぎとなれば、それなりの遅い時間で先達者の踏み後もしっかりしており、雪も踏み固められているので雪のない普段の登山と変わりません。
それでもいつもより30分程遅れて頂上に到着、それなりに人が多いので立ち止まることもなく富士見台方面に向かいます。すると頂上から3,4メートルも進むと足跡がなくなっており、これから先誰も進んでいません。どうするか?この為に何度も登った山ですからラッセルしながら進む事にします。膝上10センチに届くような深い雪でしたが、下りという事で大変どころか楽しくって仕方ない。10メートルも進んだ頃、反対側から10数人のグループがこちらに向かってきます。
聞くと山神社からここまで3時間半をラッセルしながら登ってきたそうです。おかげでこちらは楽して富士見台に向かうことが出来た。

富士見台で昼食。かなり雪が深く座る事が出来ないので雪を固めて地ならしする。次回はブルーシートを持参した方が楽しそうです。
やっと座って、来る途中で購入したカップヌードルとドーナッツとアフターコーヒー、もういつもの数倍美味しくてたまりません。
シートがあったら1時間ほどここで寝ていたいくらいでした。
30分ほど休憩後、来た道を戻ります。

今日背負ったザックの重さが8キロ。
正確ではないかザックを背負わないでの体重計が74キロ
ザックを背負って82キロで計算。
こんなのはどうでも良くって、身長は僕の年代では平均だというのに、体重は10キロ以上重いのが大問題。
今年は本当にマジ考えなければならないと思っている。アイゼンをつけようと身体を縮めるもお腹が邪魔して旨く作業できない。これはかなり重症。 

拘りのないインスタントコーヒー(^^;) だけど雪山では格別な美味しさを提供してくれます

越前岳頂上は登山者に踏み固められて一部地肌も見えています。十里木からの登山者は多いですが、僕が登ったときには山神社からの登山者はゼロ、位牌岳方面への道は兎らしい足跡しかあるのみ

まんねり気味の富士見台から見た富士山

左が前岳、右が位牌岳、裾野市須山方面から雲が湧いてきている

ラッセルした道、子供に戻った気分で楽しかった

お気に入りのサーマレストの座布団、軽くて雪の上に長時間座っていても冷たくならない

コメント

このブログの人気の投稿

地元の有名人

ホスティングサーバー移管

白馬アルプスオートキャンプ場