丸火自然公園 富士市 その2

これは丸火自然公園 富士市からの続きです

森の中を2時間ほど散策して、公園内にある富士見ヶ池に到着しました。
ここは長男、次男が小さかった頃、温暖な静岡県が異様な寒さに襲われた年がありました。もしかしてと来てみると池が半分ほど凍っており、親子3人氷の上で遊んだ事があります。長男か次男か忘れましたが、思いっきり転びそうなのを受け止めたとき、肩を痛めて翌日になっても痛みがとれず、接骨院へ行っ事があります。
川の水が絶えず流れ込んでいないので、水の透明度はそれほど高くありません。
池のほとりにあるベンチに腰掛け遅めの昼食です。柔らかい秋の日射しと森林浴を浴びながらの食事と食後のコーヒータイムはなんと贅沢なんでしょう。

湖面に写る太陽。今日は無風で並みもゆらゆらと穏やかであった。


身を乗り出してなにを見ているかと行ってみると

水面ぎりぎりに咲いたリンドウでした。詳しい名前分からず。

湖面に写る紅葉がゆらゆら揺れて美しい。この池は公園入口から広場までの間にあるのですが、メインの道を歩いただけではこの光景をみる事が出来ない。池の周遊道を歩いて敢えて反対側へ回り込むとこのような風景が広がる。

今日はこのカメラとレンズセットを肩にぶらさげて歩いた。トータル3キロくらいなるのかな、とにかく重かったです。

コメント

このブログの人気の投稿

地元の有名人

ホスティングサーバー移管

白馬アルプスオートキャンプ場