越前岳 登山

本日は十里木公園駐車場から越前岳頂上まで行ってきました。
日本二百名山になるらしいけど、日本二百名山ってなに?知らない事ばかりです。
駐車場が875m、越前岳山頂1504mですので高度差629mとなります。
相方は用事があるといい、西穂高独標に同行した彼女は、私の趣味は登山だけじゃないのよと軽くあしらわれ、結局一人で登る事になります。
当初は最近の運動不足解消のために登り始めたのですが、なんだか体調がよく、途中から欲が出て自分がどれほどの早さで登れるか試したくなりガンガンと歩き始めます。
本当にガンガンって感じです。でもハイペースで無休憩で登り切ることが出来るはずもなく、何度か休憩を入れるのですが、立ったままで、膝に両手を置いて、ハー・ハー・ハー荒く深呼吸するだけで決して腰を下ろすことはしません。
途中、結構なハイペースで登っている若いアベックを格好付けて抜いてしまってからは、もう後戻り出来なくなりました。
もう肺がはち切れそうです。
結果登り始め11時58分、頂上13時06分という事で所要時間、1時間8分でした。
これが早いのか遅いのか微妙・・・・。
毎日少しでもトレーニングしていれば1時間切るのはそれほど大変ではないかもしれない。
でも下りもそれなりにスピード上げて降りたつもりだったのですが、ちょうど1時間かかりました。
と、いう事は下りのスピードで登りも登らなければならないという事か?
それ考えると1時間切るのは生易しいものではないかもしれません。

今回、紅葉を期待して登ったのですが、色ずく前に落葉している木々が目立ち、天気も良くなく、2度目という事で脇目もふらず登ってしまいました。通常は1時間半~2時間の登山時間になるのでしょうか。
残念ながら頂上は雲で展望は望めませんでしたが、自宅から40分、それほど混んでもいませんので、日頃のトレーニング場所として良いかもと見直しています。

駐車場から登り始めて20分ほどの富士山展望台。雲がなければ正面にドーンと富士山の雄姿が見えるはず



頂上、霧で回りの展望は望めない
頂上から駐車場へ1/3程降りると展望がひらけはじめる。紅葉と富士山の2ショット
越前岳で不評なのが駐車場から富士見展望台までのこの階段。段差が高く登りはももが、下りは膝がやられる
近くの「子供の国」から撮影。紅葉したかえでと越前岳。雲で殆ど見えない。

今回、富士見展望台を少し登った処でデジタルカメラを拾った。
下る人が落としたのか、登る人が落としたのか分かるはずもない。
富士見展望台まで戻って駐車場までのルートを見る。
落としたカメラに気づいて戻ってきている様子は見られない。
きっとこれから先、頂上までの区間におられる登山者であろうと
「デジタルカメラを落としていませんかぁ~?」
すれ違う登山者にその都度声かける。

拾った場所から200m程登ったところで若いアベックが降りてくる。
彼女が僕が手に持った袋を見て「あっ!見つかったぁ~」と近寄って来る。
聞くと、途中で落とした事に気づいて引き返していたという事であった。

会うことが出来なかったら警察に届け、結局落とし先不明で僕の手元に来ていただろう事を思うと、久しぶりに良いことをした。
落とした場所であのままほっといていると、階段の隅っこに落ちていたからきっと誰かが気づかずに踏んでおシャカだったでしょう。
良い事した後のビールは格別である。そしてお腹がさらに膨らむ。

コメント

このブログの人気の投稿

地元の有名人

ホスティングサーバー移管

白馬アルプスオートキャンプ場