北アルプス 唐松岳珍道中

八方アルペンラインと八方池からの続きです

上記写真の方は平沼さんです。
今回唐松岳登山で下のロープウェイ乗り場で始めてお会いしたのですけど、気さくで、ここ白馬三山の事ならなんでも聞いて下さい的な存在の方でした。
歯科医であり、写真家であり、全日本ハーレー会の会長を6年務めた経験もあり、なんと昔はマタギであったとか。なんとも濃い人生を送られている方でありました。最近は自分でも歳を感じてのんびり登山を楽しまれておられるようですが、昔話をきくとそれはもう大変な方でした。天候の悪い吹雪の中でないと獣も気配を感じて射止められないとか、夏に目印となる木の下に食料と水を隠しておいて、冬山になった時に食べるとか、今の登山流儀とはまるで違うスタイルで厳しい雪山と向き合っていた話が大変興奮させられました。

それとこの記事
『【2008年9月13日】
(キノコ採りの81歳歯科医、子連れ熊に襲われけが:長野)
13日午前6時すぎ、北安曇郡白馬村飯森の山林で、1人でキノコ採りに来ていた松本市の歯科医師平沼嵩さん(81)が熊に襲われ、同市内の病院に運ばれた。頭をかまれたり、顔や胸をひっかかれたりしているが、命に別条はないという。県北安曇地方事務所などによると、熊は子連れとみられる。平沼さんは車で逃げ、近くの神社で秋祭りの準備をしていた人に助けを求めた。現場近くには、春に観光客が訪れるザゼンソウの群生地がある。地元猟友会員や大町署員らが周辺をパトロールしたほか、村は防災行政無線で住民に注意を呼び掛けた。』

なんと、この記事の被害者である張本人でありました。
右頬はえぐられ、頭の皮はそれに引っ張られ真ん中で裂けたそうです。
『雪山は25キロ以上しょって登らないと死ぬよぉ~』
『アイゼンとスノーシューは両方持っていかないとね。場所によって使い分けないとね。どっちか片方だけではダメだよ』
『来年3月雪山連れて行ってやろうか』
わざわざ名刺まで頂き光栄ではありましたが、とても付いて行ける自信がございません。

あと見せて貰ったのが熊の爪です。
ご自分で射止めた、ハートを射止めたという訳ではございませんよ。鉄砲で射止めた熊の爪という事です。
なんだかおっきく爪先が鋭いです。やはりこんな爪で殴られたら人間ひとたまりもありません。
八方尾根までの短い時間でしたが、大変有意義な話を伺う事が出来ました。
大変、有り難うございました。


北アルプス 西穂高岳 独標

紅葉の時期と合わせて西穂高岳手前の西穂独標へ行ってきました。

西穂山荘訪問以来ですので、実に9年ぶり2度目の訪問です。

前夜に西穂高ロープウェイに到着し、第2ロープウェイ乗り場の鍋平高原駐車場が深夜で空いておらず、事前に情報収集していた少し離れた無料の鍋平駐車場に入る。いつもは賑わっているという情報だったので空いているか心配でしたが、逆に一台も止まっていなかった。
トイレも一時悪質な利用者で使用できなくなった情報もありましたが、僕等が行った時は清潔に保たれ水洗でもあり気持ちよく利用できました。

今回の車中泊は寝床を工夫し2人安眠する事が出来たが、深夜車の屋根をたたく大粒の雨で何度か目が醒める。天気予報では明日は晴れるはずですが、今回は無理かな?と少し諦め気分になる。
翌朝は6時起床。外は昨夜の雨も上がり、東の空はうっすら青空が覗き始めていた。好天に期待が膨らむ。
軽く朝食とトイレを済ませ、駐車場を出発。7時43分、第2ロープウェイ乗り場につくと幾人かの登山者と思われる方が既におり、到着と同時に窓口が開いたので早即切符を買い求める。白馬のロープウェイはリュック15K以上から有料だったので、チケット購入時リュックの重さは無条件にオーバーしていませんと答えたが、ここは8キロを過ぎると有料となるとの事で恥をかく。カメラを含めるとリュックの重さは13キロであった、いいかげん体重も減らさなければと毎度の事ながら自戒する。逆に申告もしていないのに駐車場利用代500円を摂られる。「お宅の有料駐車場は利用していませんよ」「では何処に止めましたか?」と少し問答、危うく利用していない駐車場代をとられる処だった。

ロープウェイに乗り込む、朝一番というのにさすが紅葉シーズンという事で満杯状態。第2ロープウェイ乗り場周辺は緑、黄色、真っ赤と入り乱れまさに旬。中間を通り過ぎた頃から落ち葉が目立ち始め、ロープウェイの終点西穂高口はほぼ紅葉は終わっていた。

ここからまず西穂山荘へ向かう。
ダケカンバが生い茂る高山帯をしばし歩く、昨夜あれだけ降った雨はどことやら、登山道は濡れているが水はけが良いのか水たまりも少なく歩きやすい。


 汗がじんわりと額から噴き出した頃、思いの外早く屋根が見えてきた。間違いなく奥穂山荘だ。通常1時間半の行程を1時間で登った事になる。ちょっとビックリ、それほどハイペースで歩いたつもりはなかった。



奥穂山荘でまったりと時間を過ごす。9年前来たときは、登山の「登」にも興味がなかったので、山師匠から指を突き指して山名を教えて頂いた事があったが、右から左へ風のごとく通り抜けるだけであった。奥穂山荘もあの頃は別の人種が入るもので我が家には関係ない存在として中を覗くこともなかった。今回は二人で山小屋に入り、軽食を頼むことにする。昨年だったか丹沢のバカ尾根を登る途中、へばりかけた時に山小屋に立ち寄って頂いたインスタントおしるこの味が忘れられない。奥穂山荘でもおしるこを頂いた。美味しい、やっぱり山小屋で頂くおしるこは文句なく美味しい。食後も時間的に空いているのだろう、他に誰もいないのでゆっくり山小屋の中を見て回る。窓から差し込む光が優しく、ラジカセから聞こえる音楽が心地よい。僕は数えるほどしか山小屋を利用した事がないけれど、今までの中で一番、雰囲気あるように思えた。

10時20分、独標(「どっぴょう」doppyouと呼びます)へ向けて出発。いきなり大きな岩がゴロゴロしており、ロープウェイから西穂山荘までの道と明らかに違う厳しさが待ち受ける。ガレ場も多く、傾斜もきつく先ほどのようなペースで歩く事が出来ない。高度も上がってきたせいか、息もたえだえだ。まっ!北アルプスをなめてはいけないという、戒めか。



丸山と書いた表示を通り過ぎ、ここから更にきつい傾斜のガレ場を延々と歩きます。富士登山だと思えばさほど変わりはないけれど、ここで厳しい傾斜を登るとは思っていなかったせいか、精神的にダメージが強く歩く時間が短く、休憩する時間が長くなっていく。

どうにか独標の目の前に辿り着く。気がつくと直ぐ後ろを歩いていた相方が離れて座っている。どうした?と聞くと、自分は高所恐怖症でお兄さんだけ行って来ていいよと曰う。まあ、独標に立つにはこれまで以上に厳しい岩肌を登らなければならないが、気をつけていけば決して登れない岩肌でもない。励まして、相方のすぐ真下を登るようにして無事二人して独標の上に立つ。山肌を凄い勢いで駆け上がっていく風が強い。風に吹かれて雲が下から上へと駆け上がって来る。雲が消え晴れ渡ったかと思えば、雨が降りそうな厚い雲に覆われてしまったりと天気が目まぐるしい。ここで意地でも記念撮影をし、コーヒーを飲んだが、相方は一口、二口飲むのが精一杯のようだ。



それでも20分近くいたのではないだろうか。他の登山者と談笑をし、無事15時40分ロープウェイ西穂高口に着く。
登り始める時は気づかなかったが、西穂高口には展望台がある。ずっと以前から「あそこの景色は何処でみたのだろう」と思う景色があり場所を思い出すことが出来なかった。そうか、ここで見た景色だったのかと、凄い感傷に襲われてしまう。ロープウェイ最終便も迫り残り少なかったが、相方が「行ってみよう」と言ってくれて久しぶりに思い出の場所に立つことが出来た。


その後、おきまりの露天風呂にのんびりと入り、今年最後の北アルプス、紅葉、温泉を満喫できた最高の1日でした。

自宅から往復距離475Km
片道、所要時間3時間半といったところです。


八方アルペンラインと八方池

唐松岳頂上山荘 の感想からの続きです

八方アルペンライン 八方駅です。
八方駅
当日は好天と3連休と紅葉時期が重なり大混雑でした。
僕等は7時25分から並び、ちょうど8時にゴンドラに乗ることが出来ましたが、後から来た方に聞くと9時頃は更に大混雑していて1時間以上並んだそうです。

八方駅 標高  773m
ゴンドラリフトアダム(所要時間8分)
兎平駅 標高1,400m
アルペンクワッドリフト(所要時間7分)
黒菱平 標高1,680m
クラートクワッドリフト(所要時間5分)
山頂駅 標高1,830m

3つのゴンドラとリフトを使って一気に1,057mの高度を稼ぎます。
ここから自力で866mを歩き唐松岳2,696mへ向かいます。

1時間ほど八方尾根を歩いて八方池に到着します。

天狗の頭、白馬槍ヶ岳


左から不帰III峰、不帰II峰、不帰I峰、天狗の大下り、天狗の頭

白馬三山(左から白馬やりが岳、杓子岳、白馬岳)

左から不帰II峰、不帰I峰、天狗の大下り(右上がりの斜面)、天狗の頭

白馬三山
初日の八方池は白馬岳に雲がかかっているも、風も穏やかでした。
2日目の下りでは風が強く池には波がたっており、残念ながら湖面に白馬三山が映ることは無かったようです。

唐松岳頂上山荘 の感想

北アルプス 唐松岳登山 登山行程表下山編からの続きです

唐松岳頂上山荘の感想を電話で聞かれたので、まずこちらを先に報告します。
まず唐松岳頂上山荘OFFICIALホームページ
http://karamatsu.jp/

あと「山と葉っぱと猫が好き」さんの
唐松岳頂上山荘 【唐松岳】
http://blog.goo.ne.jp/puka-puka/e/148b1ef62b3fdb6d89410bf61d6f5142
に詳しく報告されていて、とても参考になるかと思います。

僕もいろいろと建物内を撮影したかったのですが、なにしろでかいカメラで構えると「何事か?」と見られる視線を感じあまり撮影出来ませんでした。
唐松岳山頂から唐松山荘をのぞむ
唐松山荘は西を向いて建てられています。山荘の後ろにそびえる丘側から日の出が登り、正面へと夕陽がしずみます。テント場は正面の広場からおよそ20m程下った処になりますが、遅く到着するとかなり下側で設営しなければならず山荘から遠くなりますので、トイレは大変です。


唐松山荘背後から左建物が本館、正面が別館
正面に五竜岳がデーンとそびえます。天気が良ければ正面に剣岳、立山連峰を見ることが出来ます。
夕食のおかず
これに御飯と味噌汁とお茶がつきます。
使い捨てと思われる紙カップをはじめて使った
 
別棟の寝室
各部屋6人部屋となります。通路とはカーテンで仕切られています。
ただ、今回は向い側2階の方が一晩中電気を付けており、夜中一度目が醒めてからなかなか眠れなかった。相部屋で宿泊するときはアイマスクと耳栓必須を忘れていた。

僕等が利用した1階の部屋
シングルの敷き布団が3つ並べられており、ひとつの布団に最初からまくら2つと掛け布団2つが置いてある。今回僕等夫婦ともう一組夫婦の4人で利用することになる。お互い端っこの布団を利用したので真ん中の布団は利用されず。考えてみると山小屋で相部屋を利用したのは始めて。
夫婦で寝る分にはシングルで肩をくっつけあって眠るには全然問題なかった。一番苦しんだのがせんべい布団である。暖かい夏であれば苦にならないが夜が冷え込むこの時期のせんべい布団はつらいものがあった。建物自体も外から入るとホッ!とするような暖房は効いいないので、それなりに着込んで布団に入らなければならない。来週には山小屋も閉めるという寒い時期ですから、この時期に山小屋を利用する登山者は夜もそれなりに工夫が必要のようです。まくらも煎餅なのが笑えた。ただ、布団は清潔感が感じられました。


トイレはもう言う事なし、水洗です。大の部屋も広く、ズボンを履き替える程度の広さが余っていました。ただ、家内の話だと女性用のトイレはそれほど広くなかったとか。男女でトイレの大きさが違う?
こればかりは確かめようがありません。ちなみに宿泊者以外の方がトイレを利用するときは200円の料金がかかります。

トイレ横の水道の水は飲食用ではありません。歯を磨くときは別途売店から水を購入します。80円だったかな?料金は良心的だと思います。我が家は今回売るほど水を持ってきたので実際購入していませんので、金額は自信なし。

食事は本館で食べます。僕等は「夕食、朝食付きでお願いします」といって受付すると別館を案内されました。あと800円追加すると本館に宿泊出来たようです。別館から本館へいく場合は屋外を15m程歩かないとなりませんので、今回のように天気がよければいいですが、雨など悪天のときは最初から本館宿泊を希望したほうがなにかと便利かも。

談話室と食事する場所が同じです。夜、お酒などゆっくり飲んで、他の登山者と交流を深めたいときは宿泊者全員が食事が終わる夜7時半以降になります。消灯が僕の記憶では8時半だったと思いますので、あまり長い時間ゆっくりする事が出来なそうでした。

北アルプス 唐松岳登山 登山行程表下山編

唐松山荘からみた剣岳
北アルプス 唐松岳登山 登山行程表からの続きです

【10月10日】
■05:10 日の出が5時40分との事で起床。昨夜は夕方6時半に就眠したため夜中に何度も目が醒める。せんべい布団とたまたま向いの部屋が夜中中電気が点いていた為もあるが、一度目が醒めるとなかなか寝付けない。夜中一時過ぎ頃外へ出てみると風が強く、まさに肌を刺す寒さであった。人気を感じて振り向くと、一人の女性が立っていて強烈にビックリ。「何時ですか?」と聞かれて答えたけど、ふつう夜中と言え「こんばんわ」くらい声かけて欲しい。本当に心臓に悪かった。
日の出は残念ながら見ることは出来なかった。一筋の朝日が数秒みる事が出来たが、雲に隠れて一度も太陽を拝む事が出来ない。2ヶ月前の白馬岳の件があるので、日の出予想から10分ほど粘ってみたが寒い思いをしただけであった。
■05:50 朝食である。定番のシャケに海苔とモロモロ、山小屋では本当によく食べる。朝から御飯をおかわりしたくらいである。食後部屋に戻って帰り支度をする。忘れ物がないように、歯磨き、ゆっくりトイレも済ませ朝からの行動に万全を期す。
■07:31 唐松岳山荘出発、山荘にある温度計では外気温0度を示している。いきなり下山せず五龍岳方面の岩場にとりつく、登り始めて10分程度で高い崖の上に立つことが出来、五龍岳をバックに写真をその場にいた人と撮影し合う。風が強く冷たいが、その為だと思えるが回りは雲一つ無く絶景である。
■09:00 丸山ケルン通過
■10:22 八方池到着、到着と書いたのは前日に引き続き本日もしばし黄昏れる。ここからグッっと観光客が増える。急に家族連れとアベックが目につく。小さいお子様連れも多く、一昔前の我が家をやたら思い出す。
■11:16 第1ケルン・グラートクワッドリフトのりば到着。あとはリフト・ゴンドラを乗り継いで下まで降りて行くだけだ。
■11:38 兎平ゴンドラリフトアダム駅到着、まわりの紅葉が綺麗だ
■12:00 白馬村、ゴンドラ出発駅に到着。ここで登山終了となります。
好天気に恵まれ、絶景を満喫する事が出来ました。

【参考】
自宅から白馬村まで往復 510Km
片道所要時間 3時間。
高速代、ガソリン代あわせ約8,000円の交通費。駐車場代無料。
でありました。

北アルプス 唐松岳登山 登山行程表

唐松山荘からの唐松岳

【10月8日】
■17:40 自宅出発、途中ラーメン屋に寄って夕食を済ませる
■22:00 八方第3駐車場到着、そのまま車中泊(就眠時、外気温度5度)

【10月9日】
■05:00 起床、ロープウェイが動き出すまで時間があったので、近くにマックがあった事を思い出し車で動き出す。
残念ながら白馬駅前のマックはさすがに閉まっていた。ホットコーヒーとドーナツを求め国道148号線を南下した。青木湖を通り過ぎてもそれらしいショップが見つけられず、その先にあったローソンにてカプチーノを頂く。
■06:05 第3駐車場に戻る途中、白馬三山の朝焼けに遭遇、車を停めて撮影。わずか数分の間に観光バスが数台通過。
■07:00 ロープウェイは通常朝8:00から営業だが事前確認で本日は7:30からという事で第3駐車場から歩き出す。
■07:25 ロープウェイ到着すると長蛇の列、人の多さをみて予定を更に30分早めて7時からロープウェイも動き出したらしい。幸いな事に、35年以上白馬岳を始め周辺の山に登っているという平沼さんと前後して並ぶ事になる。ここで貴重な話を聞くことが出来た。奇遇にも八方尾根までご一緒でき、もし冬山に登りたいようであればご案内致しますとご名刺まで頂く。うーん、考え込んでしまう。甘いささやきの先に地獄が待っている事が痛いほど分かる。「冬山は最低でも25K以上の装備を担いで登らないと死にますよ」なんて簡単に言い放つ方に付いて行けるわけがない。御年85才と言われるが、どうしてどうして全然元気である。
■08:39 3つのロープウェイ、ゴンドラを乗り継いで第1ケルン(八方池山荘)到着。ここから登山開始
■09:09 八方山ケルン通過、ここで平沼さんご一行と別れる
■09:37 第2ケルン通過
■09:49 八方ケルン到着、しばし八方池でたそがれる。白馬岳に雲がかかり始め、当日は、これ以降白馬岳全景をみる事がなかった。
■10:45 八方池出発
■12:18 途中大きな雪渓が残る下側で、昼食を摂る。先の時間は休憩前か後かが分からず。以前はこの雪渓で遊んだ記述を読んだが、今はロープが貼られ立ち入り禁止になっていた。
■12:38 丸山ケルン到着。白馬岳は雲に覆われ見ることが出来ないが、またここで黄昏れる。
■13:32 雷鳥と遭遇、ここで20分ほどカメラで雷鳥と格闘する。3羽いて鳴き声を始めて聞く。
■14:00 唐松山荘到着。受付後、唐松岳へ向かう
■14:53 唐松岳登頂、唐松山荘から頂上までは険しいガレ場もなく登り安い。景色は360度絶景である。
その後、唐松山荘へ戻るが山荘の感想はまた今度、ウ・ウ・ウ煎餅布団が冷たい。

衣替え

本日は午前中からずっとシトシト雨が降っています。
それもあってか急に冷え込んで今日から長袖に替えました。
登山用具も今週末の三連休に備えて衣替えをします。
今年最後の北アルプスへ山小屋泊まりで行く予定なのですが、本日様子伺いも含めて電話したところ、山頂近くの山小屋の回りは積雪10cmだとか「冬山用の装備をして来て下さいね」と、念を押されました。

つい10日前、山梨のキャンプ場では夜になっても半袖で過ごしたというのに季節の移り変わりは早いですね。
北アルプスの雪山は、雪渓は歩いたものの雪を踏みながらの登山は初経験です。軽アイゼンで大丈夫ですとの事でしたので、山師匠に聞いてもそれほど心配はないようですが、不安もありワクワク感もありで、実はかなり楽しみにしています。
絶対晴れて下さいね。紅葉もバッチリ楽しみにしていますからね。
心配なのが自分の体力です。
7月末に白馬岳へ15Kのザック背負ってヒーヒー登って体力に自信がついたつもりでしたが、あれからまともな山へ登っていません。まあ、登り4時間という事なので朝8時から登り始る予定ですから、遅くても午後3時には着くでしょう。
家内と二人で慌てず急がずのんびり登る予定です。

管理工学研究所 桐

先頃、桐9のバージョンアップ案内が届いた 僕は一つ前の桐8のまんまです。 今ノートPCで Windows7 64bit の上で桐V8を使っていますが、深く使っていない為か問題なく使用できています。 今のところデータの加工、並び替え程度を会話処理で使う程度なので、バージョンアップの必要性を感じていない。 ただ、やはりOSを64biでを使っている以上は使用しているアプリケーションもネイティブに使いたいと思っているので、64bit版がリリースされればすべて更新したいと思っている。 だけど今回はリビジョンアップ程度で留まっているようです。 早くメジャーバージョンアップを望みます>管理工学殿