最後の子供の中学校運動会


昨日は末娘の中学校運動会でした。
運動会が重なる事もあり、都合8回は伺う機会があったのですが、一度だけ長男の中学運動会に行ったきりでした。
長男の時は忘れもしません、昼食が終わったかと思うと友達と遊ぶからと、そそくさと席を立って親に近寄りもしません。随分昔を思い起こすと、自分も中学にもなっても親が学校に来るという事自体、嫌というか恥ずかかったように思い出します。

今年も行く予定はなかったのですが、親として子供の運動会を見る機会はこれが最後かなと思い、子供の為、というより自分の為に見学と応援に出かけました。
案の定、娘も昼食のあと、しばし親と一緒にいましたが午後からのムカデ競争の練習があるからと休憩時間の半分もいませんでした。
まあ、分かっていた事ですから構わないのですが、驚いたことに回りの父兄の皆さんが随分若いのですね。一回りは絶対違うような父兄がゴロゴロいます。まあ、長男の頃の自分たちもあのくらい若かったかな?とも思いますが、随分父兄の中でも年配グループに入ったものだと苦笑いしてしまいました。

運動会の競技種目も随分減っていたんですね、組み体操とか騎馬戦など怪我をしやすい競技は行われませんでした。それもあって2時半過ぎには運動会も終わりです。
当事者の子供達は今回の運動会をどのように感じているのでしょうか。10年後、20年後、運動会を思い出して懐かしく思う事があるのでしょうか。
今年の運動会は2日前の土曜日に行われる予定でしたが、台風の影響で1日繰り下がって日曜日になりました。大雨の翌日という事で快晴となり富士山も地肌が見えるほど頂上から裾野まで雲に隠れることなくハッキリ見えていました。
子供達にはあの富士山をぜひ忘れないで欲しいと思います。

コメント

このブログの人気の投稿

地元の有名人

ホスティングサーバー移管

白馬アルプスオートキャンプ場