Yume-no-nakade: 桐たんす同窓会 NO7

Yume-no-nakade: 桐たんす同窓会 NO7
思わず反応しちゃいます。
僕も所有しています。プレミアになるんですか?
しかし、残念ながら5インチフロッピーディスクがありません
これは僕にとってはプレミア以上です
と、いうのも本の最後に共同執筆された
全員のサインを頂いています
でも、本当に懐かしいなぁあ。

コメント

くりまんじゅう さんの投稿…
あれ、そんなサインしましたっけ?(汗)
あぁ、思い出せない。どこででしょうか?
うーん、下呂だったでしょうか?

それと「鈴木*一」さんと「浜崎*志」さんが分からない。^^;
お名前はなんとなく記憶に残っているのですが、像が結びつきません。

hiroさん、縦書きってのがシブッ!
クマさんだけ、ペンが違うので後から書かれたものでしょうか?

しかし、参りました。^^;
くりまんじゅうはもう見つからないです。この本!^^;
tsubaki さんの投稿…
で、しょう。
あと、探せばこの本の為に執筆しながら掲載されなかった方の原稿もテキストであったはずです。
それもなぜか僕の手元にございます。

あと、このサインのなかでなぜかこの本の執筆に関係ない人が右上にサインされているんです。酔っ払っていたせいでもあるんですが、ホテルの同室であり翌朝本を見たらゲゲゲもんでした。

浦さんは良く覚えています。新大阪のホテルのロビーで「さあ、私は誰でしょう」と話すきっかけをくださった方が浦さんでした。
多分、新大阪で行われたオフ会で殆どの方からサインを頂いたと思います。熊さんは下呂温泉で始めてお会いしたと思います。熊さんからサインを頂くことで全員の方からサインを貰う目標が完結したと思いました。多分そのせいで筆記用具が違うのでしょう。
僕も顔をおぼろげにしか思いだせないのですけど、鈴木さん、とくに浜崎さんはとても物静かな方だったような印象が残っています。

hiroさんとは大阪の電脳街日本橋でオフ会解散したと思いますが、そこから僕の自宅前までhiroさんから送って頂きました。桐のオフ会でお会いしたはずですが、道中ほぼ下ネタで盛り上がった記憶がございます。

このブログの人気の投稿

地元の有名人

ホスティングサーバー移管

白馬アルプスオートキャンプ場