メガソフト MIFES 9

メガソフト、大幅に価格を引き下げたテキストエディタ「MIFES 9」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20110615_453258.html
が7月に発売されます。

MIFESも発売されて随分経ちますし、今は使っていないので何を今更記事にしたかと言いますと価格がかなり安くなっているからです。
MIFESはMS-DOS時代は愛用ツールでした。主にパソコン通信の投稿用原稿を書くことに使っていました。軽快でテキスト文字色が白、バックが水色で随分垢抜けた画面回りも好きでした。一太郎で書いてテキストに書き出す事もしていましたが、プログラム事態が小さく、フロッピー1枚でPC起動からMIFES、日本語入力FEPのATOK、原稿データも保存出来た事が非常に便利でした。
ただ、当時は随分高かったように記憶しています。3万円はしたのではないでしょうか。一太郎が58,000円位だったでしょうか。とにかくパソコン本体はもとよりアプリケーションも気楽にマウスでワンクリックして買えるような価格ではなかったです。そのかわり財産にはなりました。新しいバージョンが出たとき新規で購入すると5万円するものが、バージョンアップ代は2万円で購入できたりとか、それなりに正規ユーザーである事の恩恵が過分にありました。
今だから書ける事ですが、当時は不正コピーで色々なアプリケーションも使いました。しかし、長く使い続けたいアプリケーションは購入するようにしていました。桐V2なんて8万円もしたように思います。アプリケーションだけでもひと財産です。

その財産に異変が起こります。
基本OSがMS-DOSからWindowsに変わっていく中で、それに対応するアプリケーションを発売するソフトハウス側で扱いが違っていました。
例えばMS-DOS時代、パソコン通信はインターコムのまいとーくを使っていました。Windows3.1日本語版が発売され、MS-DOSからWindowsへ切り替わって行く中、まいとーくもWindows版が発売されました。このとき、僕は正規ユーザーですからバージョンアップ料金を払うことでWindows版が手に入るものと思っていました。しかし、インターコムでは同じ目的のアプリケーションでもMS-DOS版とWindows版は違うパッケージになりますので、Windows版を使いたいときは新規購入して下さいとの事でした。これでは最初に高い金額を出して購入した正規ユーザーとしては面白くありません。それ以来インターコムの製品は購入していません。一太郎はバージョンアップ代でWindowsに移行出来ました。あとMS-DOSからDOS/Vへ移行の時もかなり財産を減らしたような気がします。ただ、おぼろげですが、暫くしてインターコムもバージョンアップで対応出来るようになったはずです。

今回のMIFESもDOS/V移行か、Windows移行の時にかなり高い金額を言われ捨てたような気がします。今のこの文章は秀丸で書いています。Windows3.1時代に4,000円払っただけでWinodws7 64ビットネイティブ対応の秀丸までずっと無償でバージョンアップ出来ています。ここまで無料ですとサイトー企画さん大丈夫ですか?と心配するくらいです。しかし相変わらずMIFESはバージョンが上がる度に高いバージョンアップ代が必要でした。それが今回かなり安いです。それにMS-DOSのMIFESまで遡った正規ユーザーには更に最大45パーセント引きだそうです。
かなり前向きに考えています。ただ、当時のシリアルナンバーが必要との事で、20年以上前の資料なんて残っていません。ただいまMEGASOFTへ情報を問い合わせ中で、返答次第で購入するつもりです。ただ、買ったからといって、今の秀丸になんの不満もありませんので、そこらへんが微妙です。

コメント

くりまんじゅう さんの投稿…
Tsubakiさん、こんにちは。

いや、しかし、懐かしいお名前のソフトが目白押しですね。
全くの記憶違いかもしれませんが、MIFESは希望小売価格は38000円だったような憶えが薄っすら、ごく薄っすらと、残っています。
確か、「松」から編集や印刷機能を取り除いたようなエディタを作りたい!と作られたエディタだったような(超曖昧です)…
DOS時代、くりまんじゅうはVZでしたね。でも、その前はMIFESだったかもしれない。
通信ソフトはCCT-98(笑)。同じK3ファイミリーで蘭を使ったこともありましたが、やっぱりすぐCCT-98に戻りました。
桐は定価98000円。これはしっかりと憶えています。でも買ったのはVER2でその後、自らバージョンアップしたことはないです。何故かと言うとVER3以降は何故か管理工学が勝手に送りつけてきたから。(汗)
ってことは、今でのVER2ユーザーとして登録されているのでしょうか?(汗)
Ver8以降、桐も使っていないので今は知りませんが、ウインドウズ版になってシリアル番号をインストール時に入れるのですが、「0」からの連番でOKでした。(爆)
ある意味、すごい安易な作り方ですよね。

しかし、ホントソフトも使い捨て時代になりましたね。
バージョンアップなんてここ10年くらいしたことないです…
ちなみにPC-98(9821だけど)いまだに1台だけ現役です。(汗)
会計処理に使っています。
tsubaki さんの投稿…
くりまんじゅうさん、こんばんわ。

そうですね、言われてみればMIFESは38,000円だったような、
それと桐も98,000円だったような記憶が蘇りました。
また僕のいいかげんな性格が暴露されてしまいました。

CCT-98は使った事はございませんが、NEC出版のPC-98シリーズ対応アプリケーションの冊子で見た記憶がございます。
いやぁ~懐かしいですね。
VZはDOS/Vに移行しから、かなりシャブリ尽くしました。
またいい加減な事を書きそうですが、多分MIFESはMIFES.EXEだったような、
VZはプログラム容量がかなり小さくVZ.COMだったような気がしました。
またDOS/V対応のVZはDOS画面を640×480ドット以上のハイレゾレーションで使えるV-TEXT対応だったので、1024×768ドットオーバーのDOS画面で24ドットフォント文字で書いてNIFTYなどへ投稿しておりました。

>でも買ったのはVER2でその後、自らバージョンアップしたことはないです。
>何故かと言うとVER3以降は何故か管理工学が勝手に送りつけてきたから。(汗)
>ってことは、今でのVER2ユーザーとして登録されているのでしょうか?(汗)

どうなんでしょうか(笑)
でも、さすがでございます。勝手に送りつけて来られたという事は
よっぽどバグ報告で貢献されたんでしょうね。

>Ver8以降、桐も使っていないので今は知りませんが、ウインドウズ版になって
>シリアル番号をインストール時に入れるのですが、「0」からの連番でOKでした。(爆)
>ある意味、すごい安易な作り方ですよね。

あああ、なんか分かってきました。
でもこの先は書きませんです。

>しかし、ホントソフトも使い捨て時代になりましたね。
>バージョンアップなんてここ10年くらいしたことないです…

そうなんですか。僕はバージョン飛ばしでいくつかのソフトは継続しています。
昨年暮れ、PhotoShopをCS5にvupしたのですけど、肝心のディスプレイがノートなので宝の持ち腐れです。

>ちなみにPC-98(9821だけど)いまだに1台だけ現役です。(汗)
>会計処理に使っています。

なんだかそれも凄いですね。
言わば爆弾抱えて仕事していることになるんでしょうか。
コメント有り難うございました。

このブログの人気の投稿

地元の有名人

ホスティングサーバー移管

白馬アルプスオートキャンプ場