尾瀬ハイキング 2011年初春

5月28、29の土、日を利用して尾瀬へ行ってきました。
勿論この時期とくれば水芭蕉が目的です。ただ宿泊先の温泉小屋に聞くと、今年は例年より雪解けが遅く水芭蕉の最盛期はまだ先のようです。ただ、尾瀬ヶ原の山の鼻あたりは咲き始めて綺麗になっていますとの事。今回は山の鼻は通過する予定はありませんが、他でもチラホラと咲き始めているとの事なので予定通り訪問するつもりでいました。それが出発する2日前から気になる台風情報が出てきました。僕等が尾瀬に滞在しているあいだは来ませんが、帰った翌日に台風が尾瀬を通過する際どい予報になっています。台風の直撃に会わなくても、その前後に大雨、大風になる事が予想されます。さてどうしましょうと、山小屋の方とも相談しましたが結論は出ません。宿泊日の朝に電話でキャンセルでも結構ですよとの言葉を頂きましたので、取りあえず尾瀬入口の1つ御池駐車場まで向かう事にします。そして駐車場からバスで出発する朝、晴れか曇りであればバスに乗って尾瀬へ、雨が降っていたら中止して日光東照宮観光に切り替えるという事にし、金曜日20時18分自宅を出発します。

静岡から御池へ向かう場合、2ルートあります。東名から首都高速を経由して東北自動車道の西那須野塩原ICから西へ向かうルート、そして今回利用した中央自動車道河口ICから圏央道を経由して関越自動車の小出ICから東へ向かうルートです。どちらかというと目の前に東名自動車道が走っていますし、東京のネオンも見たいですから東北自動車道経由で行きたいのですが、NEXCOに問い合わせたところ首都高速代別途、東名高速、東北自動車とおのおの料金が別途発生するため合計4,000円以上かかるとの事。片方の関越自動車道では休日特別割引上限1,000円だけで走ることが出来るらしいので、迷うことなく後者になります。でもこの休日特別割引上限1,000円も6月中旬で終了するらしいです。遠方へドライブを計画している人はお早めに。

今回は急ぐドライブではなく、予想よりも早い行程で進んでいます。当初は小出から252号線を使って向かう予定でしたが、ナビが案内する小出ICから奥只見シルバーラインを使い、352号線に出て御池へ向うルートをとります。道は険しそうですが近道という事でナビに任せて走ります。奥只見シルバーライン入口に御池へは冬期通行止めの看板がありましたが、四季問わず掲げられているようですし、今は春という事で無視して進入したのですが、これが間違いでした。下の地図、奥只見シルバーラインから352線に合流してすぐに通行止めとなっていました。地図でみると尾瀬までおよそ1/3ほど近づいた距離でしたが、また小出ICまで戻ることになります。もう夜中2時近いというのに、なにやってんだか(シクシク)。


奥只見シルバーライン

土曜日の朝4時半、御池の手前、檜枝岐村の燧の湯駐車場に到着しました。車の後ろに敷き詰めた布団の上でぐっすり寝入っている娘を起こして前席に追いやり、僕が潜り込みます。僕は金曜日の朝から一睡もしていません。今日の行程を考えれば3時間は熟睡したい。その間、相方と娘は燧の湯で朝風呂としゃれ込みます。朝7時半、家族から起こされます。凄く眠い、まぶたが重い。ちょっと運転する元気が出ないので相方に運転してもらって御池へ向かいました。
この頃の水芭蕉は可憐すぎる

今回、自宅を出発してから小出ICまでずっと雨、小出ICを降りてから雨が上がり檜枝岐村まで雨が降ることがありませんでした。しかし僕が眠っている間に雨が降り始めたようで御池駐車場に着いてもずっと雨が降っています。沼山峠行き8時出発のバスを1本見送り、さあどうしたものか家族で話し合います。バスは30分置きですから次の出発は8時半です。悩んでいる間も小雨が降り続いています。雨の尾瀬は嫌いではないですが、台風の動きが気を重くさせます。悩んだあげく尾瀬に入山する事にしました。入山したら今夜予約してある山小屋まで絶対に行かなければならない事にはなりません。どしゃぶり雨になったら、残念な事ですが引き返せば済むことです。取りあえず行動してみることが肝要と覚悟を決めました。バスに乗り込み動き始めた頃、窓を濡らす雨が小さくなりました。バスのワイパーも止まり雨が止んだようです。初日はこの後、雨に降られることなく行動することが出来ました。


見晴からヨシッポリ田代にある温泉小屋へ

2日目は朝から小雨、山小屋を出発してから車を停めた駐車場までずっと雨でした。10時50分に御池駐車場につく頃はどしゃ降りです。檜枝岐村のもうひとつの温泉場、駒の湯で汗を流し12時20分に我が家へ向けて出発します。14時43分小出ICから東北自動車道へ、15時27分沼田IC通過、ここらへんからもの凄いどしゃ降りとなります。しかし、台風情報を皆気にしてかマイカーの通行量は少ない。この時間帯だと一箇所くらい渋滞に出会うはずですが一度も渋滞に遭うことなく18時30分、自宅に帰り着くことが出来ました。
走行距離TOTAL 986Km
使用ガソリン 68リットル
燃費 14.5Km/リッター
奥只見シルバーラインを走らなければもう少し燃費は伸ばせたかもしれません。

コメント

このブログの人気の投稿

地元の有名人

ホスティングサーバー移管

白馬アルプスオートキャンプ場