尾瀬、富士見小屋から竜宮そして温泉小屋その2

富士見小屋近くに、申し訳ないていどに咲いていた水芭蕉。尾瀬ヶ原がおよそ標高1,400m。富士見峠が1,883m。標高が400m高い分、水芭蕉が僕等を待つことが出来たようです。
富士見峠から尾瀬ヶ原入口の竜宮まで地図で2時間かかるようです。富士見峠出発9時半し、竜宮に11時到着したので我が家は1時間30分で降りてきました。ずっと下りでしたが、雨の後だったせいか、滑りやすいポイントがたくさんあり非常に疲れました。普段使わない足のすべての筋肉を使ったような気がします。



尾瀬ヶ原にでる直前に妻がみつけた花です。ギンリョウソウ(銀龍草)というイチヤクソウ科で、葉緑素を持たない植物界の変わり者だそうです。茎まで白く、とにかく変わっていました。でも、惹かれるものがありました。

尾瀬ヶ原で出迎えてくれたのが、可憐な花達です。
詳しくないので尾瀬植物手帳で調べると左上、右上、左下、右下と順番にシナノキンバイ(6月上旬?7月中旬)、ミツガシワ(5月下旬?7月上旬)、3番目がオオタチツボスミレかなぁ自信なし、でもこの4つの花の中では一番の好み、可憐という言葉がピッタリです。4番目が更に分からない、尾瀬植物手帳の中ではバラ科のアズキナシに見えるけど葉を見ると微妙に違うような気もする。
他にも沢山の花があり、目を飽きさせる事がありません。尾瀬植物手帳を持参したのですが立ち止まって開いてばっかりです。失敗したと思ったのが、メガネを持参しなかった事です。普段、アウトドアでは間近をみる事がありませんので、老眼鏡を必要に感じた事がありません。しかし今回ばかりは目を凝らして目を近づけても花がぼやけてよく見えません。肉眼よりもカメラのファインダーごしで覗いたほうがクッキリ見えました。それと100ミリマクロ、それもIS付きが欲しいなぁ・・・あくまで独り言。


竜宮のベンチでのんびり昼食をとっていると山ノ鼻のほうから尾瀬名物の背負子さんがやってきました。見るからに重そうな荷物を背負っています。夕方温泉小屋で350の缶ビールを飲みましたが、普通230円のものがここでは倍の450円もします。しかし、僕は金持ちではありませんが、背負子さんの姿をみると450円はもの凄く良心的な値段に思えます。


いきなり温泉小屋の夕食写真です。小屋に到着する頃、雨にふられカメラをしまったので外観写真がありません。翌日出発する時も大粒の雨だったので、結局温泉小屋の写真を残すことが出来ませんでした。話を戻して夕食なのですが、写真をみるように豪華です。味噌汁、御飯はおかわり自由。こんな山中で鮭のサーモンまで出ちゃったりして、僕のお腹は超満足。おかげで一晩でウェストが20cmも増えてしまいました。



部屋は個室をとりました。相部屋だと一人8,500円。個室が10,000円と1,500円違うのですが、初めての山小屋という事で不安もあり今回だけは奮発しました。だけど個室は最高ですね。小屋の中も広く大変綺麗で、旅館とまでいきませんが、ペンションレベルはあります。部屋の中の写真ですが、女衆がプライバシィがどうとかで、カメラアングルを下へ向けることが出来ませんでした。小屋へは午後の1時半頃には到着したのですが、部屋へ入室できるのが2時半からでした。僕は昨夜2時間ほどしか寝ていなかったので夕食まで仮眠しました。こういった場合も回りを気にせずに良いので、個室は有り難いです。

コメント

このブログの人気の投稿

地元の有名人

ホスティングサーバー移管

白馬アルプスオートキャンプ場