毛無山登山

正直死んでますぅー!
あいも変わらず、昨日の土曜日夕方に「明日天気が良かったら毛無山に登る?」と、軽い感じで家族に声掛け、軽い感じで「ええよ」で予定が決まる。
本日7時過ぎに起きて、寝室から外を眺めると綺麗に青空が広がっています。準備を始めて8時過ぎ自宅出発。毛無山登山口駐車場について登山開始したのが9時半でした。この山は登山の先生からかなり厳しい山だと聞いていたので、1時まで登って頂上に着かなければ、その場で引き返す予定です。しかし、きつい山とはいえ、こんなに厳しいとは思わなかった。登山は「楽あれば苦あり、苦あれば楽あり」と思っていた。急な登りの後は、少し平坦な道があって、歩きながらも一息付けるような区間がある。いやあるはずだと思っていました。それがまぁあ、ここまで責め立てるかって、相手が人間なら文句のひとつどころか百くらい言ってやりたい程、厳しい登山道でありました。登山の半分、5合目を過ぎたところで、今日は午後一時を目処にしなくても早めに頂上を諦めて引き返しても良い気分になっていました。
まあ、それでも時間は昼前だしペースを落として、ひたすら登り始めます。8合目を過ぎた頃、下山してくる2人組の男性と会う。何が切っ掛けだったか忘れましたが、しばし談笑する事になります。一人は富士宮の山岳隊所属の方で、もう一人が富士の「かがみだ」さんという方でした。毛無山には富士山とおなじように登山口から頂上までを10分割し、1合目から頂上まで看板が立っていますが、後者のかがみださんが看板を設置したそうです。そして驚いたことに今日で毛無山登山1,672回目だと言います。目標は2,000回だそうです。しかし登山できない天候もあるでしょうし、毎週登ってもこの数値は半端でないでしょうと、素直に質問したところ・・・・なんと今日だけで2回登り、2度目の下山途中だといいます。もう絶句!するしかありません。
こんな話を聞かされると、もう途中で引き返す訳にはいかないですね。勇気を貰ったっていうか、元気を貰ったっていうか。世の中には凄い人がいます。これを切っ掛けに家族3人の会話から「引き返す」という言葉が消えました。しかし元気を貰ったと言いましても実際に体力が戻るわけではなく、身体に鞭打つこと4時間、どうにか頂上に辿り着く事が出来ました。もうヘロヘロ状態。
昼食を採ってひと眠りしたかったですが、太陽もすでに傾きかけ気温も下がり始めたので来た証拠に写真を撮り、早々に下山しました。登り4時間、下り2時間半の行程でした。
次回は荷物をとことん減らしてリベンジしたいです。

コメント

このブログの人気の投稿

地元の有名人

ホスティングサーバー移管

白馬アルプスオートキャンプ場