HARD OFF

最近、ここ富士市にHARD OFFというお店が出来ました。ここは中古品を扱うお店でして販売はもとより中古買取りも行っています。本日から販売開始なのですが、販売に先立って先月17日から中古買取窓口が開いていました。僕もAT互換機自作は数年来やっていますのでパーツが余り、Nifty-Serveなどで安価に販売していたのですが規格が古く、売れないものはずっと手元に持っていました。主にマザーボードとかISAカードなどです。そこで試しにPentium用のマザーボードとISAモデム&音源カードをハードオフに持ち込みました。購入したときは合わせて7万円ほどしたものですが引き取って貰った金額は800円也(苦笑)。まあ、手元にずっと持っていてそのうち埋め立てごみに出すよりはましですね。更にこれを有効利用してもらえる方がいたらパーツも幸せでしょう。
で、本日から購入も出来るという事でパーツを持ち込んだとき目をつけていたキーボードをゲットしに午前中でかけました。開店から30分遅れて入店したのですが無事希望のキーボードも入手できました。そしてふと隣のジャンク箱を覗いたら僕が持ち込んだパーツが置いてあるではありませんか。値札はそれぞれ2,000円、2,000円、3,000円、合わせて7,000円とけっこういい値札がついておりました。そしてレジに並んでいるとき、後ろの人をみたら僕が持ち込んだマザーボードを所有していのには更に苦笑しました。72pin simmも余っていますのでその方に差し上げようかと、何度声をかけようかと思いましたが結局かけれずじまいでした。若い男性の方でしたが今ごろは無事くみ上げる事が出来たでしょうか。
僕が購入したキーボードは富士通製のもう5年くらい前の106キーボードです。これをセカンドマシンにつないでこの文章をタイプしているのですが、やはり当時評判が高かっただけあってとてもタイプしやすいです。秀逸品です。多分展示品かなにかに使われていたものでしょう。ほとんど新品状態で購入金額は300円。パソコンショップで店頭販売されていた頃は4,000円近い値段だったと記憶しています。よい買い物をしました。

コメント

このブログの人気の投稿

地元の有名人

ホスティングサーバー移管

白馬アルプスオートキャンプ場