富士山ハイキング

昨日、富士山新7合目まで登山してきた。
山形に住んでいる妻の友人が3年ぶりにやってきまして、遊びに行くなら今の時期じゃ富士登山でしょうという最近我が家の決まり行事みたいなものです。下界から富士山を見ると雲に隠れて山頂が見えません。本日は展望は無理かもしれないと登ってみたのですが、やはり5合目まで登っても雲の切れ目はなく回りが霧でまっしろな状態でした。今回は富士登山の感触を楽しむだけの、言わばハイキング気分を楽しむ程度でしたので軽装で上り始めます。時より霧の切れ間で青空と愛鷹山が顔を覗かせる綺麗な光景もあったのですが、駿河湾を初めとする太平洋を臨む事は一度もなかったように思います。救いだったのは一度だけ山頂の山小屋と鳥居の門が見えた事でしょうか。6合目から見る山頂はすぐ間近に見え、軽装できた今回でも少し頑張れば登れるような錯覚を覚えてしまいます。まあ、今回は午後から自宅出発したし、懐中電灯も持参しておりませんので誰も『頂上まで行こう』と言い出す者はいませんでしたが、やはり今一度富士山頂制覇をやりとげたいと山頂へ想いを馳せてしまいました。
今回は当初の予定通り新7合目まで登りました。3才になる娘を背負っての登山でしたが、充分休憩をとりながら登れば8合目まではいけるような感触をつかみました。富士登山は自分の体調はもとより、天候(気圧)にも左右されますのでなんとも言えませんが、一人ではまだ頂上までは大丈夫と確信を持った一日でした。
そう言えば、7月のキャンプで友人のお薦めであった「北の国から」のビデオ全8巻をすべて見終えました。そして今は数年後の「旅立ち編・前編」を見終えたところです。当初ビデオを見始めた頃はかなりの刺激があり、寝るのも惜しんで一度に3巻見たことがありました。しかし今は少し見飽きたというか、マンネリのような感じがしないでもなく、全巻見終えたら感想文でも書こうと思っていたのですが、今時点でどう書けばよいのか解らないでいます

コメント

このブログの人気の投稿

地元の有名人

ホスティングサーバー移管

白馬アルプスオートキャンプ場