ノート断念

こんにちは、久しぶりの投稿です。
すでにこちらへ訪問して下さる方は身内しかいらっしゃらないのでは?と、思うのですが、掲載事が貯まってきましたので、少しずつまた更新したいと思っています。それに合わせて掲示板も復活させないといけないかな?
今日はノートパソコンについて自分の中で最近随分揺れ動いた事がありますので少し書こうと思います。こうしてタイプしているのは Pnasonic Let's note AL-N2T516J5 というB5ノートです。画面が800×600ドットで今のご時世からすると少し狭いですがこれさえ我慢すれば普段インターネットサーフィンには事欠きません。逆にノートという事で机は勿論、居間、はては布団の中にでも持ち込める携帯さが便利で、いつも固定した場所でしか作業出来ないデスクトップを触る事が随分減ってきました。ただ、2年前のノートという事で、Pentium166MMXという非力さ、それと Photo-shopを使うには貧弱な液晶ディスプレイが最近我慢出来なくなり、買い換えたい欲望がフツフツと湧いてきています。それで候補に上げたのがPnasonic PRONOTE CF-L1シリーズです。http://www.panasonic.co.jp/pc/prod/note.htmlモバイルPentiumIII 500MHz、解像度は液晶13インチの1024x768ドットとデスクトップとしても申し分ありません。あとこれにDVD-ROMを後付してキャンプで映画鑑賞も悪くないと夢を膨らませる自分がありました。あとは購入資金をどうやってへそくりもない財布から工面するかを考えていたんですが、その前に情報収集をとNifty-Serveのパナソニックユーザーフォーラムを読んでいますと、なんだかやけに使用中のハングアップ不具合を報告する件数が多いのです。なんでかな?と思っていたんですが、それらの情報と前後してPC Watchに関連情報の掲載がありました。内容を読んで頂ければ解りますが、要約しますと最近のノートパソコン処理能力向上は、スピードと比例して熱発生が問題になっているという事です。今、ノートパソコンではPentiumIII 600等が発表されていますが、冷却を怠ると熱暴走どころか基盤のハンダを溶かしかねない程の熱が発生するそうです。僕はこれを読んでびっくり仰天です。
近くのパソコンショップにも僕が欲しいノートが展示されているのですが、すぐにマウスカーソルが動かなくなるのはこのせいかと記事を読むまで解りませんでした。展示品は誰かれなく触りますからきっとドライバー等の不具合だろうと思いこんでいたんです。でも再起動しても直ぐにマウスパットが反応しなくなるからドライバーの不具合にしては変だなぁとは思っていたんですが(苦笑)
ノートパソコンの隠れた魅力に静寂さというのもあると思います。今使っているノートも余程の事がなければCPU冷却ファンは回りませんので、普段はハードディスクの回転音しか聞こえません。これがデスクトップにもなりますと最低でも電源とCPU2つの冷却ファン。最近は高速になったHDD用、それとケース前後等にと5個も6個も冷却ファンが回りっぱなしになっています。これが深夜になりますとこの回転音が耳について、とても落ち着いた気分になれません。この状態ですからクラシックなんて聴こうかなんて余裕も出てきません。この静穏の差というのも今ノートに引かれる魅力だったです。それがどうやら最近自分がイメージしている静かなノートとは違うようです。デスクトップの煩ささは、足下に置くとか、クッション材の上に据えるとか、毛布にくるまう等、美しくないですが裏技などが使えます。しかしノートの場合は常に目の前に据える事になりますからCPU冷却ファンなどはストレートに耳に入ってきます。ノート用のファンは径も小さいですから高音質でもあります。これがずっと聞こえてくるかもしれないと考えましたら急にノート購入意欲が冷めてしまいました。迷ったあげく WorkStation用タワーケースの買い置きがありますので、これで静穏化を計って組み立てようかと画策中しています。値段も段違いに安く仕上がりますし

コメント

このブログの人気の投稿

地元の有名人

ホスティングサーバー移管

白馬アルプスオートキャンプ場