大川端キャンプ場 中伊豆天城湯ヶ島町

中伊豆の天城トンネルの近くに位置するロケーション豊かなキャンプ場です。我が家が訪問したのは2000年5月のゴールデンウィークでした。到着して初めて受けた印象は人間の作られた自然でなくキャンプ場両サイドに流れる小川とバックに迫る山々。大自然が迎え入れてくれた感じでしょうか。

キャンプ場内は他のキャンプ場と特別変わったところもありませんが、回りの自然豊かな環境はきっと満足出来るでしょう。車で10分圏内に温泉に入浴できる施設があるのも魅力でしょう。回りは日本百名山である万二郎、万三朗、八丁池、太郎杉、そして伊豆の踊り子道と観光に事欠きません。

キャンプ場にはオートキャンプ場と普通サイトがあります。オートキャンプ場のほうが、区画が広いため沢山の荷物を運び込むには便利です。また人気があるにも関らずオートキャンプサイトは少ないですから行く予定があるなら早めの予約したほうが良いと思います。キャンプ場が広いわりにトイレが2つしか無いため、サイトによってはかなりトイレ&炊飯棟が遠くなってしまう事があります。

川がキャンプ両サイドにゆったり奇麗な水が流れていますので、夏は水着と着替えは多く準備されていくと良いでしょう。僕等が行ったときは(2000/05)管理棟にビールを販売していましたが、夕方4時には閉まってしまいますので要注意です。車で湯が島町まで走ると(約片道10分)酒屋さんがあります。僕等が訪問した5月のときは夜9時過ぎまで営業していました。

海水浴場まで30分と書きましたが、あくまで道路がすいている場合であって、夏のシーズン中は片道2時間はみていたほうが良いと思います。ここは伊豆半島のど真ん中に位置する場所ですから、山と川と遊歩道、温泉と2,3日滞在するにしても飽きる事はないと思います。

連絡tel 完全予約制。3月1日より予約受付
昭和の森会館受付 0558-85-1110(8:30~16:30)
7月20日以降はキャンプ場で受け付け 0558-85-1793
場所 静岡県田方郡天城湯ヶ島町昭和の森
営業期間 4月中旬~10月下旬
チェックイン 午後1時~
チェックアウト 午前11時まで
直火 不可。バーベキューコーナー有り
トイレ 水洗
料金 大人530円(高校生以上)
子供280円(赤ちゃん~中学生まで)
オートキャンプサイト利用料3,000円
普通サイト利用料1,500円
モデル;オートサイトに大人2人子供2人ですと計4,620円
ディキャンプok。施設利用料なし、人数分の利用料必要。
携帯電話 可能(docomo,アンテナ3本立つこと有り)
アクセス 東名沼津i.cより下田方面に60分。伊豆天城トンネル手前東側。
周辺 車で10分の湯ヶ島温泉あり。
伊豆の踊り子道、八丁池、海水浴まで30分
その他 オートキャンプ20台。ロッジ6部屋。バンガロー4棟。炊飯所3ヶ。野外卓9卓。キャンプファイヤー広場等
今回、初めてドラムバーベキューコンロを購入&使用。なかなか具合が良い。火力が上に集中する為か、飯盒飯炊きも普段より5分ほど早く炊きあがった

キャンプ場入口から我が家のサイトを撮影。川もすぐ横にあり、トイレも20m離れた理想的な場所であった。予約の際に場所まで指定しなかったが今シーズン我が家が一番の予約者だったようで、おのずと良い場所を確保してくれたようだ

普通サイトにキャンプされる方の駐車場。サイトから駐車場まで距離はあるが、荷物の積み卸しはサイトのすぐ目の前まで車を横付け出来る

バーベキューコーナー、全部で5ヶ所あるようだ

オートキャンプサイト横の川、5月はさすがに水も冷たく、川に入る子ども達は見られなかったが夏はきっと賑わう場所だと思います。下着は多めに持参したほうが良いと思います

我がサイトから管理棟を見上げる。当日は天気もよく、キャンプ場から歩いて八丁池まで登る。朝9時に出発して帰ってきたのが夕方5時45分頃だった

ノート断念

こんにちは、久しぶりの投稿です。
すでにこちらへ訪問して下さる方は身内しかいらっしゃらないのでは?と、思うのですが、掲載事が貯まってきましたので、少しずつまた更新したいと思っています。それに合わせて掲示板も復活させないといけないかな?
今日はノートパソコンについて自分の中で最近随分揺れ動いた事がありますので少し書こうと思います。こうしてタイプしているのは Pnasonic Let's note AL-N2T516J5 というB5ノートです。画面が800×600ドットで今のご時世からすると少し狭いですがこれさえ我慢すれば普段インターネットサーフィンには事欠きません。逆にノートという事で机は勿論、居間、はては布団の中にでも持ち込める携帯さが便利で、いつも固定した場所でしか作業出来ないデスクトップを触る事が随分減ってきました。ただ、2年前のノートという事で、Pentium166MMXという非力さ、それと Photo-shopを使うには貧弱な液晶ディスプレイが最近我慢出来なくなり、買い換えたい欲望がフツフツと湧いてきています。それで候補に上げたのがPnasonic PRONOTE CF-L1シリーズです。http://www.panasonic.co.jp/pc/prod/note.htmlモバイルPentiumIII 500MHz、解像度は液晶13インチの1024x768ドットとデスクトップとしても申し分ありません。あとこれにDVD-ROMを後付してキャンプで映画鑑賞も悪くないと夢を膨らませる自分がありました。あとは購入資金をどうやってへそくりもない財布から工面するかを考えていたんですが、その前に情報収集をとNifty-Serveのパナソニックユーザーフォーラムを読んでいますと、なんだかやけに使用中のハングアップ不具合を報告する件数が多いのです。なんでかな?と思っていたんですが、それらの情報と前後してPC Watchに関連情報の掲載がありました。内容を読んで頂ければ解りますが、要約しますと最近のノートパソコン処理能力向上は、スピードと比例して熱発生が問題になっているという事です。今、ノートパソコンではPentiumIII 600等が発表されていますが、冷却を怠ると熱暴走どころか基盤のハンダを溶かしかねない程の熱が発生するそうです。僕はこれを読んでびっくり仰天です。
近くのパソコンショップにも僕が欲しいノートが展示されているのですが、すぐにマウスカーソルが動かなくなるのはこのせいかと記事を読むまで解りませんでした。展示品は誰かれなく触りますからきっとドライバー等の不具合だろうと思いこんでいたんです。でも再起動しても直ぐにマウスパットが反応しなくなるからドライバーの不具合にしては変だなぁとは思っていたんですが(苦笑)
ノートパソコンの隠れた魅力に静寂さというのもあると思います。今使っているノートも余程の事がなければCPU冷却ファンは回りませんので、普段はハードディスクの回転音しか聞こえません。これがデスクトップにもなりますと最低でも電源とCPU2つの冷却ファン。最近は高速になったHDD用、それとケース前後等にと5個も6個も冷却ファンが回りっぱなしになっています。これが深夜になりますとこの回転音が耳について、とても落ち着いた気分になれません。この状態ですからクラシックなんて聴こうかなんて余裕も出てきません。この静穏の差というのも今ノートに引かれる魅力だったです。それがどうやら最近自分がイメージしている静かなノートとは違うようです。デスクトップの煩ささは、足下に置くとか、クッション材の上に据えるとか、毛布にくるまう等、美しくないですが裏技などが使えます。しかしノートの場合は常に目の前に据える事になりますからCPU冷却ファンなどはストレートに耳に入ってきます。ノート用のファンは径も小さいですから高音質でもあります。これがずっと聞こえてくるかもしれないと考えましたら急にノート購入意欲が冷めてしまいました。迷ったあげく WorkStation用タワーケースの買い置きがありますので、これで静穏化を計って組み立てようかと画策中しています。値段も段違いに安く仕上がりますし