伊豆天城 八丁池登山(次男;祐二)

ぼく、んちは、大川端キャンプ場、にキャンプにいきました。ついて、つぎの日にあら川みほさんちも、大川端キャンプ場にとまっていました。八丁池までのぼるやくそくをしていた、9時ごろに八丁池めざしてあるきはじめたよ。はじめは、車でいこうかと思ったが、きっとちゅうさゃ場がまんたんだと思ってそのままの大川端キャンプ場から入口までは、あそびながらいったよ。ちゅうしゃ場についたらまんたんじゃなくてまだすこしはいれたぐらいでおとうさんちは、車でくればよかったねと、いっていました。そこから、どうろをわたって川のうえの道をあるいていったらそこの道は、車がとうれる道でうしろから、すなぼこりをあげて車が走ってきたから、よこのほうへよけたら車は、そのままとおりすぎていったよ。でもすなぼこりが、あっておかあさんは、はなのへんを手ではらっていたよ。ぼくの、妹は、3才でそのてんでへたへたしちゃってお父さんがおんぶをしていたよ。そこからすこしいくとかわばたやすなりという人の顔がみどり色の石にうつされていたよ。そこですこし水をのんだりしてやすんだよ。やすんでずいぶんあるいたら、白橋についてそこにベンチがあったからそこでパンをたべてきゅうけいしたよ。きゅうけいしてからのどうろは、車がとうれない道くねくね道ですこしつかれたよ。そこのへんから、ガムを食べはじめたよ。そこからすこし行くとかんばんがあって上のほうは、森道で、よこは、ふつうのどうろで、どうろの道は6.1kメートルで、森道は、3.2kメートルだよ。だからぼくたち、は森道にしたよ。そこから山のぼりに入ったよ。ずいぶんのぼってあかるい車がとおれる道にでたよ。その道は、さっきよこの道であったどうろの道だと思う、どうろのまんなかのへんに森道があったからいこうと思ったけどおなかがへって行く木がしなかったから、「さきにおべんとうたべよ。」とぼくがいっておべんとうにしたよ。そのときの時間は、12時30分ころだったよ。おべんとうをたべおわってかんばんがあってあと2.2kメートルでつかれるけどいちよういこうと思ってあるいていっていたらおかあさんちがみえなくなってまっていたら、やっときてまたあるきだしたらまたみえなくなってまたまっていたらやっときたよ。そこからいっしょにいこおとおもったらいなくなっちゃってそのままあるいていったらやっと八丁池についたよ。ついた時間は1時45分だよ。そこから見はらし台にいって遠のほうを見あたしたよ。そこからあたきたみちをもどっていったよ。帰りみちはらくだったよ。でもさいごのほうは、つかれているのにさかすぎ*1ですべりまくりだったよ。だからおかあさんとぼくは、すべってころんじゃったよ。おりてからどうろのみちでどうろのみをそのままいったら白橋について、きたみちをそのままいったらちゅうしゃ場にでてそこから、おかあさんとぼくでゆっくりはなしながらあるいていったよ。

*1 さかすぎ=坂が凄いの意味らしい

コメント

このブログの人気の投稿

地元の有名人

ホスティングサーバー移管

白馬アルプスオートキャンプ場