投稿

5月, 2000の投稿を表示しています

伊豆天城 八丁池登山(次男;祐二)

ぼく、んちは、大川端キャンプ場、にキャンプにいきました。ついて、つぎの日にあら川みほさんちも、大川端キャンプ場にとまっていました。八丁池までのぼるやくそくをしていた、9時ごろに八丁池めざしてあるきはじめたよ。はじめは、車でいこうかと思ったが、きっとちゅうさゃ場がまんたんだと思ってそのままの大川端キャンプ場から入口までは、あそびながらいったよ。ちゅうしゃ場についたらまんたんじゃなくてまだすこしはいれたぐらいでおとうさんちは、車でくればよかったねと、いっていました。そこから、どうろをわたって川のうえの道をあるいていったらそこの道は、車がとうれる道でうしろから、すなぼこりをあげて車が走ってきたから、よこのほうへよけたら車は、そのままとおりすぎていったよ。でもすなぼこりが、あっておかあさんは、はなのへんを手ではらっていたよ。ぼくの、妹は、3才でそのてんでへたへたしちゃってお父さんがおんぶをしていたよ。そこからすこしいくとかわばたやすなりという人の顔がみどり色の石にうつされていたよ。そこですこし水をのんだりしてやすんだよ。やすんでずいぶんあるいたら、白橋についてそこにベンチがあったからそこでパンをたべてきゅうけいしたよ。きゅうけいしてからのどうろは、車がとうれない道くねくね道ですこしつかれたよ。そこのへんから、ガムを食べはじめたよ。そこからすこし行くとかんばんがあって上のほうは、森道で、よこは、ふつうのどうろで、どうろの道は6.1kメートルで、森道は、3.2kメートルだよ。だからぼくたち、は森道にしたよ。そこから山のぼりに入ったよ。ずいぶんのぼってあかるい車がとおれる道にでたよ。その道は、さっきよこの道であったどうろの道だと思う、どうろのまんなかのへんに森道があったからいこうと思ったけどおなかがへって行く木がしなかったから、「さきにおべんとうたべよ。」とぼくがいっておべんとうにしたよ。そのときの時間は、12時30分ころだったよ。おべんとうをたべおわってかんばんがあってあと2.2kメートルでつかれるけどいちよういこうと思ってあるいていっていたらおかあさんちがみえなくなってまっていたら、やっときてまたあるきだしたらまたみえなくなってまたまっていたらやっときたよ。そこからいっしょにいこおとおもったらいなくなっちゃってそのままあるいていったらやっと八丁池についたよ。ついた時間は1時…

伊豆天城 八丁池登山(長男;怜)

ぼくんちは、大川端キャンプ場に行って次の日に八丁池に行きました。

9時に出て、道がわからなかったので管理人さんに聞いてあそこにある踊り子歩道をずっと行けばいいとおしえてくれました。さいしょは、キャンプ場を通って行ったけどあとから森の中に入って行ってずっとせまい道を通って行ったらかいだんがあって登ったら上にちゅうしゃ所があってそのさきに車が通れる道があったので地図でしらべてその道だとわかったのでどんどん上っていきました。

でもいもうとのかおるがつかれたとか言ってへなへなすわりこんでしまいましたからお父さんがだっこして上って行きました。たまにつかれるとやすんですこしずつゆっくりあるいて行きました。

ずっとあるいて行ったらわかれ道があって山道のほうが3.2kmでよかったから山道を歩いて行きました。その道が石とか木がいっぱいあってすごくたいへんでした。八丁池にやっとついたのは、12時45分でした。お父さんとぼくとゆうじはみはらしだいへ行って八丁池た上から見ました。すこしたって力がでてきまからしゅっぱつしました。(1時25分)に出て帰りは、ちがう道ですたすたけっこうはやいすぴーどで帰りました。とちゅうでかおるがはしったので5分ほど速くなりました。
さいごのほうでぼくの足がじんじんすごくいたくなったけどがんばって歩きました。

やっと山道がおわっとと思ったらこんどは道路がずっとつづいていました。道路をずっと歩いて行くとパンを食べて休んだ所にでました。でもそこからまだまだ歩くからいやだなと思ったけど歩くしかないから足がすごくいたくてもがんばって歩きました。
やっとちゅうしゃ場についたけどあと1.3kmだと思ったらいやでした。でもゆるやかでたいらだったからすぐキャンプ場につきました。

つかれたけど八丁池もきれいでおもしろかったです。

伊豆天城 八丁池登山(妻)

『今日は八丁池まで登山だ』と、お父さんと子ども達と顔をみあわせた。青空がますます晴れ晴れしくしてくれる。ここ天城にキャンプに来て天城連山を自分の足で確かめようとテントから山登りは始まった。お母さんのリュックサックにはおにぎり6個、ゆで卵7個、みそしる2つ、すいとう、ウィンナー6本、ちいさいパン6コ。どれほどあるかわからない初めての道のりにこれが家族5人の食料だった。

子供用リュックには350mlの水5本、ジュース2本、ガム3つ。もう一つの荷物は3才の薫。
大川端キャンプ場から1.3kで水上駐車場へ出た。緑いっぱいで川の流れとともに歩いた道のりでは車ではわからない流れの音、鳥の鳴き声、耳に入っていった。
天城大橋をよぎると車道となって、次から次へ車がのぼっていったが、山歩きはまだまだ始まったばかり。川端康成の文学碑で立ち止まって休憩するのも新鮮だ。途中車を止めて登山をめざす年輩夫婦、一人でもくもくと歩く人、我が家のように幼い子をつれている人はみかけない。案の定まだ出発して1時間あまりでおなかがすいたとだれとなく言い始め、おかしはないか、チョコレートはないかとあれこれ言ったあげくパンを食べた。そのあとお父さんは山登りにはチョコレートをどっさりもってゆきたかったとぶつぶつ言っていた。

これより車両通行止めの道となる。ほっとして道をせいせいとひろがって歩く。八丁池3.2kの表示より深く山の中へ入って行った。もうすでに薫は完全にお父さんにだっこやおんぶをせがみ『失敗した!。薫を背負うのを用意すべきだった』と父さんは言った。3.2kという距離は余裕だと私は思っていたし、相変わらず子供らの足取りは軽かった。木の根が限りなく足下をおおい、光があたって明るい林の中でも薫をかかえているお父さんはひたすら八丁池をめざしていた。一人で歩く時の2倍のエネルギーを消費しているので彼は特別水も飲んだ。

やっと林道に出た所でみた標示はなんとあと2.2k。もう12時もまわった。愚痴も文句も言わずリュックをしょってきた子供らも実にお腹が空いていた。『お昼につけば』という目安はどんどん狂っていったが地図でみるとこのあとの道が緩やかであることから昼ご飯を済ませ再び元気に歩いた。それから1時間余りで八丁池に到着していた。薫は寝ていて一つの荷物になっていたのでそれをおろした父さんは生き生きと見晴台へ足を…

伊豆天城 八丁池登山

イメージ
八丁池へ行ってきました。

午前6時起床し、食事と共に昼食分のおにぎり分の米を飯ごうで炊く。天気は快晴、空気はわずかに春霞がかかっているが最高の登山日よりとなりそうだ。おにぎりをつくり、茹で卵を作って9時にキャンプ場をあとにした。当初車で登山口まで行く予定だったが出発時間が遅くなった事もあり、多分登山口駐車場も一杯であろうと予測し、せっかく登山口近くのキャンプ地に宿泊したのだからのんびりと家族水入らずで登山気分と同時にハイキング気分も楽しもうとの趣向だ。今回、掲示板でお世話になってますkatochanから頂いた地図を頼りに歩くことにする。区間毎のおよその時間がかかれているが、我が家の3才お嬢様の足を考えるとまったくあてに出来ない。日が沈むまでに帰ってこれれば良いという事で、時間など気にせずのんびり歩くことにする。キャンプ地から登山口まで伊豆の踊り子道という名の山道を歩く。ちょうど川の横をあるく感じで沢のせせらぎの音を聞きながらのんびりと歩き出す。登山口まではそれほどきつい登り勾配はなく、思った通りハイキング気分で歩くことが出来た。

伊豆の踊り子道を歩いてバス停もある国道414号線(下田街道)に出た、ここにも駐車場があり15台程度の車が停車出来そうだが、すでに満杯状態だった。国道を横切り旧天城トンネルへと向かう旧道を歩く。車も通行出来、車が通り過ぎる都度土煙が舞った。のんびりと沢の横をあるいた伊豆の踊り子道とは違って車を気にしながらの通行は子供連れには気が気でなかった。川端康成の記念碑でひと休みする。記念に写真をパシャリ。キャンプ場からおよそ1時間歩いてやっと最初の上り口分岐点に到着した。朝、充分に食事をとったにも関らずお腹はすき、喉はからからだ。休憩とともにパンなど軽く食事をした。ここ旧道からそれ、自動車道ではあるが通行止めになった道路を登る。この道は「下り御幸歩道」というらしい。もう一つが「登り御幸歩道」というらしいが、僕等がキャンプした場所からはこのどちらかの道を使うしかないようだ。今回は手前の下り御幸歩道から登り、上り御幸歩道経由で八丁池まで行って帰ってこようと思う。

上り初めて30分たった頃か、娘を抱いて歩いた僕が先に根をあげた。暫く休憩である。休憩中若いカップルが我が家を抜いて行った。まだまだ八丁池までは先が長い。また歩き始める。ガムを噛みながら家族で花…