見るだけ

このあいだ子ども達のビーダマン購入に付き合ったとき,自分でも面白そうだとミニ四駆を1つ買っていました。
タミヤマイティミニ四駆シリーズの「バイアトロン」というマシンです。
よく解らないのですが漫画の天道武一(てんどうぶい)君の愛車のようです。
まだ作ったことのないVSシャーシのそれもブラック、
それと丈夫そうで格好いいホワイト大径ディッシュホイールにそそられました。
それがパッケージを開けてみるものの眺めるだけでそこから前へ進まない。
毎日こうして向かい合っているパソコンの横にいつでも触れるよう置いてありますが、かれこれ10日間以上手つかず状態です。
そろそろ自分の中でもミニ四駆は終わったようです。
でもこのマシンは正月休みを利用してでも作成したいと思っています。
ミニ四駆をいじっていた最後あたりは小径ばかり作っていました。
僕がミニ四駆を始めた動機は1/32スケールながら想像以上に早く走るマシンに驚いたと同時に格好いいというのがありました。

「格好いいマシン」
僕がのめり込んで行ったマシンはソニックセイバーを始めどれもフルカウルミニ四駆だったんですね。
それがスピードを求めるようになって大径タイヤに手を出すようになり、すこしミニ四駆への楽しみ方が変わってきました。
それはそれでとても楽しかったですけど,今はスピードを求める競技としてフリースタイルをやっていますので,ミニ四駆は別の楽しみ方をしたいと思っています。
それにミニ四駆はあくまで子ども達のホビーですから。
大人は子ども達の隅っこで遊ばせて貰う感じで楽しめれば良いと思っています。
こんな感じでいますのでミニ四駆でのスピード競技は子ども達に任せておいて,僕は格好にも拘り小径で遊んで行きたいと思っています。
でも小径だからと言っても大径マシンと勝負にならなかったら面白くありません。
そこでVSシャーシが出て来ました。
このシャーシは長男が作成したマシンを見せて貰ったんですが,ギヤ音がまるでジェット機のような音がします。
決してギヤの異音とかでなく,どうやら機構上このような音になっている感じです。
なんか良い感じのシャーシのようでこれだと大径をまくれるかも?と期待しています。
正月には子ども達と久しぶりにコースをだしてミニ四駆で遊べたらいいなと思っています。

コメント

このブログの人気の投稿

地元の有名人

ホスティングサーバー移管

白馬アルプスオートキャンプ場