投稿

12月, 1998の投稿を表示しています

Linux初体験

金曜日夜からまる1日かけてLinuxのインストールに奮戦していました。初めての事ですからWindowsNTのパーテーションを誤って消すことのないよう新たに2GのSCSIハードディスク1個をまるまるLinux用に準備しました。
どうにかX-Windowまでは立ち上げるまでにはこぎ着けましたが,普段使い慣れています秀丸とか通信ソフト等のアプリケーションがLinux対応にならないと主OSとして切り替えて使うにはしんどそうです。自分としても早く脱Microsoftを目標に掲げているんですが今回Linuxを触ってみることで逆にWindowsNTの居心地の良さを改めて認識させられました。Windows98は今後とも購入するつもりは全くありませんがWindows2000がでたらまた買ってしまうのかな。
Linuxのフリー精神はとても凄いことだと思います。扱うにあたっては何事もOwn Risk(自分自身の責任)という前提がこの精神を支えています。これはこれで素晴らしい世界であります。しかし日本語表示のインストーラーでX-Windowsまで構築してくれる有料のTurbo Linux等も出ているとはいえだまだ初心者にとっては敷居の高いものだと感じました。

映画タイタニック

ビデオでタイタニックを見ました。
女房は映画館で見たんですが,その時は子守役として僕は家にいました。
ラブロマンス,やはり感動した時は僕もあんなふうに…と思ったりしますが,女房子供持ちとしては諦めるしかないですね。せめて子供達には一度はあんな熱い恋を経験して欲しいなぁと思います。死んじゃったら困りますけど。
ラブストーリーでは僕は今まで中2の時に見た『風邪と共に去りぬ』のヴィヴィアンリーに惚れ込んじゃって彼女と同じ54歳で僕も死ぬんだと高校卒業する頃まで真剣に考えていたこともありました。タイタニックのローズもとても素敵でした。ヴィヴィィアンと共通するところは気丈な処でしょうか。
久しぶりに良い映画見させて頂きました。有り難うございます。