昇仙峡

山梨県の昇仙峡へ紅葉をみに行って来ました。かなり赤く色づいている木々もありましたが,見どころは来週あたりではないでしょうか。朝,4時半に起床して,我が家を5時半出発。道中,後ろのトラックに追い立てられて一般道路を*00K近くで走ったりしまして予想より30分も早い7時半には到着しました。あたりをまだ太陽は照らしておらず,車中から出るにはつらい寒さでしたが2000台は収容出来そうな市営の無料駐車場には20台近く止まっており,殆どの皆さん出発されているようでした。
 昇仙峡中腹のおみやげやさんから北のロープウェイまで歩き,ロープウェイを使って頂上まで。そこのロープウェイ駅から弥三郎岳までチョットした登山道があり,数年前の桐富士登山隊の足では往復20分もかからない距離を1時間近くかけて歩きました。今回はもうすぐ2歳になる長女も約1/4の距離を自分の足で歩きました。途中子供の視線は低いせいでしょうか、大人が見過ごしてしまうような枯れ葉に隠れた松ぼっくりなど名前も知らない木々を見つけては立ち止まるといった非常に疲れた山頂での登山気分でした。
表面を3回撫でて自分の悪いところを触り,また表面を撫でると良くなるとかかれた世界一の石英だとか,馬肉薫製の試食コーナーとかそれなりに楽しんで来ました。
車を出てから戻ってくるまで4時間,早めの到着と行動開始でどこも乗車とか見学で待たされる事なくのんびりと紅葉を満喫する事が出来ました。
帰り際は,あれほど整然としていた駐車場が観光バスと一般車で溢れかえり,駐車場に入りきれない車が数十台も路上駐車していました。ナンバープレートを見ますと1/3が関東からのようです。こういった事は早めの行動が肝要ですね。
これから寒さが厳しくなりますので,家族一緒でキャンプは終わりだと思いますが,ちょうど下呂温泉での桐オフあたりから山梨,信州が気に入りドライブする事が多くなりました。来年は家族揃って登山できるようなアルプス山脈を物色中です。
登山道近くのキャンプ地で前泊,翌朝登山して帰省のパターンかな。

コメント

このブログの人気の投稿

地元の有名人

ホスティングサーバー移管

白馬アルプスオートキャンプ場